ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

深まる秋には家族でおでかけ!北海道の大人から子どもまで満喫できるおすすめスポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

広大な大地と自然の恵みを満喫できる北海道旅行は、秋がオススメ!

景観地や温泉にテーマパークと、ファミリーで楽しめる数々のスポットが充実しグルメも○!

家族全員でウキウキワクワク秋の北海道を満喫しよう。

さあ、すぐに秋旅行の予定をチェックして、家族で楽しい旅へ出かけよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

サッポロビール園

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000137015/photo/

ビールのふるさと・ビヤカントリー

\口コミ ピックアップ/

工場見学はおこさまにもおすすめです♪

有料ですが試飲も出来ます。

なので大人も満足出来ると思います。

(行った時期:2014年11月1日)

口コミでよく見る有名なジンギスカン屋は分煙されてなくて入れませんでしたが、こちらは施設がきれいで、煙も気になりませんでした。値段も手ごろでとてもおいしかったです。

(行った時期:2015年9月) サッポロビール園

住所/北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10

「サッポロビール園」の詳細はこちら

旭川市旭山動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01204cc3310040217/photo/

日本最北の動物園。動物にとって快適な空間を作り出し,動物が本来持っている生態・行動を引き出して見てもらうという「行動展示」の手法で,一躍全国的に有名に。その後,月間入場者数で東京の上野動物園を抜くなど,皆様に大変ご愛顧いただいております。

●水中でぺんぎんが飛ぶように泳ぐ姿を見られる「ぺんぎん館」,●マリンウェイと呼ばれる水中トンネルを泳いで上下する姿が見られる「あざらし館」,●ほっきょくぐまのダイブが見られる?かもしれない「ほっきょくぐま館」,●モグモグタイムには地上17mでの空中散歩(綱渡り)が見られる「おらんうーたん館」,●ヒョウの昼寝が頭上に見えるなど,ライオン・トラ・ヒョウなどが間近に見られる「もうじゅう館」,●樹上生活者のクモザルと水中生活者のカピバラを同じ施設に同居させ混合展示を行う「くもざる・かぴばら館」,●巨大遊具で自由に遊ぶ姿が見られる「チンパンジーの森」●樹上生活者としての習性が引き出され上手な木登りを見ることができる「レッサーパンダの吊り橋」など,人気施設が盛り沢山です。平成20年には「オオカミの森」が新たに仲間入りしました。

\口コミ ピックアップ/

他の水族館、動物園とちがう!動物の生態がうかがえる展示をしている。場合によりとても近くで観察できる。食事タイムには、動物の置かれている状況や、人間との関係、これからわたくしたちがしなければいけないこと、など、問題提起もありました。

(行った時期:2016年9月)

言わずと知れた人気動物園ですが・・・

有名になりすぎててどうかな、と思っていましたが、これは一度は訪れておくべき動物園でした。

動物との距離感が近く、動物の生き生きとした動きを楽しめますので、特に子ども連れの方にはおすすめです。

夏季期間の終わりごろに行ったのですが、ひとも多くなく快適でした。

つぎは冬季に訪れてみたいと思っています。

(行った時期:2015年11月) 旭川市旭山動物園

住所/北海道旭川市東旭川町倉沼

「旭川市旭山動物園」の詳細はこちら

函館山

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01202ab2010003855/photo/

600種の植物が繁茂,渡り鳥の休息地でもある。ここから市街地の夜景は絶景。ロープウェイ利用3分。

\口コミ ピックアップ/

子連れでも楽しめました!景色は凄くきれいだし、まだ明るい時間から見て夜までいれば暗くなっていくのが凄く綺麗です!是非早い時間から見て欲しいです!!雨だと残念かもしれないけど函館に行く際は寄るべきです!!

(行った時期:2014年9月)

夕方にロープウェイで登って夕焼け→夜景を見るのがオススメ〓〓

3歳だった子供もすごく喜んでいたので子連れにも楽しめます。

ただ、風があって寒いので上着を持って行くのが良いかもしれません。

(行った時期:2014年9月11日) 函館山

住所/北海道函館市函館山

「函館山」の詳細はこちら

函館朝市

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_01202ga3550085398/photo/

360余りもの店がひしめく全国でも有名な朝市。イキの良い魚貝類のほか野菜・花・日用品・衣類まであり、大衆食堂も多く、朝ご飯の客で賑わいます。

\口コミ ピックアップ/

函館にきたら朝食はやっぱり朝市へ!と考えて楽しみにして行きました。行くのは数年ぶりでしたが今年3歳になる子供が生まれてから来たのは初めてで、今回はじめて子供にイカ釣り体験をさせてもらいました。週末だったためかだいぶ10分くらい並びましたが、子供がとても喜んでくれてとても良い思い出になりました。また釣ったイカをその場でさばいて動いたまま食べることもできて味の方でもとても楽しむことが出来てよかったです。

(行った時期:2016年9月4日)

函館に行った際は是非行きたいと思っていました。海鮮が新鮮でいくらやウニなど贅沢な朝食を取らせて頂きました。海鮮がふんだんに入ってても1000円台で朝食にしては高めですがすごく美味しかったです(満足) まわりに海鮮のお店がズラッと並んでいて、カにや海鮮やお土産を1万円ほど買ってしまいました^^;

(行った時期:2013年10月) 函館朝市

住所/北海道函館市若松町9-19

「函館朝市」の詳細はこちら

登別温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01230cd2110077724/photo/

登別温泉は北海道屈指の温泉地で、豊富な湯量と多彩な泉質に恵まれた温泉郷。火山性景勝地である「地獄谷」は登別温泉最大の泉源地で、1日1万トンのお湯が自然湧出している。また、地獄谷の周辺には遊歩道も整備されており、「奥の湯」や「大湯沼」などの景勝地を散策することができる。大湯沼川沿いの探勝歩道途中には全国でも珍しい「天然足湯」が体験できる場所が整備されており、国内外を問わず多くの方に人気のスポットだ。

\口コミ ピックアップ/

家族や友人と。温泉街独特の風情があり散歩だけでも癒し効果があります。足湯や手湯のスポットもあるので寄り道でも楽しめます。泉質は言うまでも無く抜群。

(行った時期:2015年11月)

登別ファン!何よりお湯が素晴らしい!

硫黄の香り、濁り湯……、来たぞ温泉に!って感じ。

新千歳空港からは少し遠いですが、北海道に行く際は必ず泊まりたい温泉地です。

(行った時期:2015年11月) 登別温泉

住所/北海道登別市登別温泉町

「登別温泉」の詳細はこちら

北海道神宮

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101ag2130008987/photo/

北海道の総鎮守。創建1869年。約18万平方mの境内地は桜の名所となっている。毎年、初詣をはじめ、多くの参拝客が訪れるほか、6月には北海道神宮例祭(札幌まつり)が開かれ、お囃子にのって神輿や山車が市内を練り歩く姿が見られる。

\口コミ ピックアップ/

娘の3歳の七五三で参拝に行きました。11月の日曜日でしたので、相当混み合うだろうと覚悟して行ったのですが、駐車場が広いため、ほとんど待たずに車を入れることができました。ちょうどお天気もよく、紅葉がきれいで、神前式をされているご夫婦もいらっしゃって、にぎやかだけれど決して騒がしくなく、とても素敵な空間でした。参拝自体も手続きから何からすべてスムーズにすすめて頂いて、待ち時間もほとんどなく終了することができました。最後に頂いた千歳飴の袋にはおもちゃもいっぱい入っていましたよ。

(行った時期:2015年11月1日)

授乳室、おむつ替え場の完備。無料ドリンクあり。待ち合い休憩室は綺麗で温かく過ごしやすかったです。

時間に余裕のある方は、観光客や家族連れの多い日祝日はさけ、平日がよろしいかと思います。

今回は七五三参りの時期にぶつかりましたが、9時からのお参りに間に合ったので比較的予定通りにすみました。

(行った時期:2013年11月15日) 北海道神宮

住所/北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

「北海道神宮」の詳細はこちら

円山動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101cc3310040004/photo/

ほ乳類、鳥類、爬虫類など動物約160種、700点を飼育する道内有数の動物園。 子どもに人気のライオンやキリンがいる熱帯動物館をはじめ、6種類のクマを展示している世界の熊館、高さ15mのジャングルジムがあり生態展示を目的としたチンパンジー館、人も動物も快適に過ごせるエゾシカ・オオカミ舎、ヒツジやヤギに触れることができるこども動物園などがあり、年間を通して動物を見ることができる。 敷地内には、迫力いっぱいのループ&コークやバイキングなど人気の遊具が揃った遊園地「円山子供の国キッドランド」を併設。大人も子どもも一日中楽しめる施設として、休日は家族連れや若者などで賑わう。

\口コミ ピックアップ/

子連れにオススメ。沢山の動物がいて子供も大人も楽しめました。

入場料も手頃で、車で行きましたがアクセスも良かったです。冬の平日だったので、混雑はなくゆっくり見ることが出来ました。

(行った時期:2014年11月)

孫を連れて!

孫と一緒に行きました。思っていたより園内が広く、ベビーカーを押しての来園だったのでこちらがどっと疲れてしまいました。園内が広かったので人が集中することもなくスムーズの回れたかと思います。年間パスポートを購入したので、暖かくなったらまた孫を連れて一緒に行きたいです。

(行った時期:2015年11月22日) 円山動物園

住所/北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1

「円山動物園」の詳細はこちら

ニセコヌプリホルスタインズ ミルク工房

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000173111/photo/

\口コミ ピックアップ/

ここは、家から20分ほどで着くのでよく利用してます。二種類のアイスを同時に食べれるのが魅力で約20種類の中から選べますよ。

どのアイスの組み合わせも美味しいので一度行って食べてみてください。

その他にも、シュークリームやプリン 等あるからね~。

(行った時期:2014年11月)

お土産を買うのにおすすめ。ニセコにあるお土産を買うのにおすすめのお店です。

周りに他のお土産屋さんがあったり、子供が遊ぶ場所やニセコらしい自然の中で写真が撮れるスポットもあります。

ソフトクリームなどの軽食もあるのでドライブの休憩によるのにもおすすめです。

(行った時期:2015年10月) ニセコヌプリホルスタインズ ミルク工房

住所/北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1

「ニセコヌプリホルスタインズ ミルク工房」の詳細はこちら

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000178072/photo/

1934年、ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝によって建設された、ニッカウイスキー第一の蒸溜所。「美しい自然がおいしいウイスキーをつくる」と語った竹鶴政孝は、理想のモルトウイスキーづくりのために、留学先のスコットランドに似た、この地に余市蒸溜所をつくりました。ウイスキーをゆっくりと熟成させる寒冷な気候、適度な湿度を持ちながら凛と澄んだ空気、雪解け水などの良質で豊かな水。原料の保管から仕込、発酵、そして樽での熟成まで、理想のウイスキーづくりに欠かせない環境が整った「ジャパニーズ・ウイスキーの聖地」です。蒸溜所内は無料で見学できるうえ、酒類の試飲もでき、レストランも完備されています。

\口コミ ピックアップ/

見所がたくさんあり、飽きずに見て回れます。敷地内の建物を歩いてまわるので晴れた日だととくに風を感じながら気持ちよく見学出来ると思います。

最後には試飲コーナーもあり大人はもちろん満喫できますが、ジュースもありますので安心してご家族でお楽しみいただけると思います。

(行った時期:2015年9月)

念願のニッカウヰスキー工場へと行ってきました。

広大な敷地に様々な施設が存在し、ウイスキーが出来るまでの工程を見学することが出来ます。時間帯ではありますが、蒸留所のガイドさんが親切に説明してくださるツアーもありますので、参加した方が分かりやすくていいと思います。

また、朝のテレビドラマ小説マッサンを見ている方が見学すると、新しい発見や疑問点もでてくると思うので是非おすすめしたいです。

最後の試飲では、ウイスキーやワインが試飲でき、ウイスキー好きにはもってこいの場所です。

(行った時期:2014年11月11日) ニッカウヰスキー 余市蒸溜所

住所/北海道余市郡余市町黒川町 7-6

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」の詳細はこちら

洞爺湖

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01572ab2030005017/photo/

支笏洞爺国立公園にある湖。日本で9番目に大きい湖。火山の活動によってできた、ほぼ円形のカルデラ湖。中島に森林博物館がある。昭和新山、有珠山、遠くに羊蹄山を望む。南西岸は洞爺湖温泉で、旅館・ホテルが林立し、バスや遊覧船の拠点になっている。山々と湖がおりなす景観美は、北海道三大景観に数えられる。

\口コミ ピックアップ/

神秘的な湖。深い碧い色をしている静かな湖です。シーズン以外の日であればとても静かで落ち着きがあり、のんびり時間をとって散策してほしい場所です。紅葉の時期は中島が真っ赤に色づきとても美しいです。

(行った時期:2014年11月)

ここに行くときは必ずと言っていいほど、ウィンザーホテルまで上がります。

ホテルから見下ろす景色は最高です。

7月7日に行ったときは、ピアノとバイオリンの演奏が素敵でした。

秋は紅葉も素敵。ロビーからちょっと回り込んだところで購入できる焼き菓子はとっても美味。

ランチタイムなら、2階でおひとり様3000円程度で食べられるので、特におすすめです。

(行った時期:2015年11月) 洞爺湖

住所/北海道虻田郡虻田町虻田町/洞爺村/壮瞥町

「洞爺湖」の詳細はこちら

おたる水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000154516/photo/

大自然の中にあり、北の生物を中心に250種類5000点を展示している。オタリア、イルカショー、ペンギン、アザラシ、トドショーそれぞれ約25分間、アクロバティックなパフォーマンスを披露してくれる。日本で唯一ここでしか見られないネズミイルカ、希少生物キタサンショウウオなど珍しい生物も必見だ。海沿いの水族館で童心にかえろう。

\口コミ ピックアップ/

ペンギン最高!!小樽に行くと何故か訪れてしまいます。続々新設されている水族館に比べると物足りないと思われる方もいるかもしれませんが、海に近く(というか直結)自然のままに暮らしている姿も見れます。ペンギンと飼育員さんのショー(?)は何年たっても変わらない面白さです!!

(行った時期:2015年11月10日)

毎年北海道に行くので、たまに行きますが、ショーなどもあって子供たち大喜びでした☆行かれたことのない方はやっぱり家族でいってほしいですね☆

(行った時期:2014年10月) おたる水族館

住所/北海道小樽市祝津3-303

「おたる水族館」の詳細はこちら

神威岬

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01405ab2050007261/photo/

日本海最大の難所、80mの海蝕崖、神威岩が立つ。先端からはかつて女人禁制で日本海最大の難所であった海の青い大パノラマが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

家族で小樽まで来たので、ドライブ兼ねて積丹半島にある岬にある神威岬に行きました。高台からは左側に神威岬があり、右側に「水無しの立岩」が望めました。やはり岬と言うこともあり岩山が断崖絶壁になっていました。ちょっと怖いと思いつつ、海はとても青く綺麗でした。

(行った時期:2014年11月1日)

行く価値あり。積丹半島の先端の小樽から少し離れたところにあり、アクセスこそ良くはありませんが、そのきれいな海と奇石による絶景を見るために行く価値は大いにあります。

(行った時期:2014年10月) 神威岬

住所/北海道積丹郡積丹町神岬

「神威岬」の詳細はこちら

五稜郭タワー

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01202ad3350045561/photo/

2006年4月に高さ107mの新タワーがオープン。90mの展望台からは特別史跡五稜郭跡と函館市街地が一望できる。

\口コミ ピックアップ/

高いところから函館を見渡すことができるスポット。一階にはお土産が沢山あるのでお土産を買うのに寄るのもおすすめです。

でも、やっぱりどうせならタワーにあがって函館の景色をみてほしいです。

一部ガラスになっていて、高いところから下の景色が見れる場所があるので、ぜひそこから下をみてほしいです。

桜の季節もすごくきれいでおすすめで、四季によっていろいろな楽しみ方ができると思います。

(行った時期:2015年11月)

タワーからの眺めは、やはりきれいです。

特にふゆばの夜の眺めは本当にきれいです。

夜の街明かりも、当然ですが私は夜空の星の眺めも大好きです。

悠久の大事を思うと感慨深いものがあります。

(行った時期:2014年11月) 五稜郭タワー

住所/北海道函館市五稜郭町43-9

「五稜郭タワー」の詳細はこちら

ルスツリゾート

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000154486/photo/

アミューズメントパークでは、ジェットコースター系の乗り物だけでも8種類もあり、緑の中で乗るジェットコースターは爽快。中でもぶら下がり型コースターのハリケーンはスリル満点。ほかにも、道内最大級の広さを誇るスーパージャンボプールやテニスヴィレッジ、パークゴルフ場など、充実のアウトドア施設は一日じゃ遊びきれない!

\口コミ ピックアップ/

絶叫物が多い!年に1度は行っています!比較的絶叫系が多いですが小さい子も遊べる遊具もあり大人から子供まで楽しめます!バーベキューもできるので長い時間楽しめます!ただ真夏日以外は寒い日も多いので暖かい格好をお勧めします!

(行った時期:2015年10月1日)

冬はスキー場になります。北海道で一番広い遊園地なのではないでしょうか。ホテルも併設されており、宿泊してがっつり遊ぶことができます。最新鋭といった感じのものはありませんが、ジンギスカンなども食べられますし、山々に囲まれて気分も良いですし、札幌から無料送迎バスが出ていることも大きなポイントです。

(行った時期:2015年10月) ルスツリゾート

住所/北海道虻田郡留寿都村字泉川13

「ルスツリゾート」の詳細はこちら

藻岩山

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01106ab2010003679/photo/

札幌市のほぼ中央に位置する標高531mの藻岩山(もいわやま)。アイヌ語では「インカルシベ(いつも上って見張りをするところ)」と言われ、かつてはアイヌの「聖地」でもあった。山頂からは札幌の街並みや日本海石狩湾、増毛暑寒別岳までの大パノラマを望める。麓から中腹まではロープウェイか藻岩山観光自動車道を利用、中腹から山頂までは世界初の駆動方式を採用したミニケーブルカー「もーりすカー」に乗車する。札幌市民には気軽に登れる山として人気が高く、軽装で登れる5つの登山道(最短コース2.4km、最長コース4.5km)があり、夏場の週末には登山客で賑わいを見せる。

\口コミ ピックアップ/

夜景が綺麗です。

ロープウェイからの景色も楽しめます。札幌の街並みが大パノラマで見え迫力があります。

(行った時期:2012年11月)

北海道の夜景といえば、函館山を思い浮かべる人が多いとおもうが、藻岩山も負けないくらい夜景が美しい。大都会札幌の街の灯りだけに、華やか。テレビ塔や大通公園の場所がはっきりとわかり、昼間観光してきた場所を振り替えるのもたのしい。寒い時期に行くには、防寒対策をしっかりと!

(行った時期:2014年11月) 藻岩山

住所/北海道札幌市南区藻岩山

「藻岩山」の詳細はこちら

白い恋人パーク

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000154569/photo/

北海道銘菓「白い恋人」の工場見学のほか、イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」、自分だけの白い恋人を作ることができる「お菓子作り体験工房」など、見て、食べて、楽しむことができるお菓子のテーマパーク。

\口コミ ピックアップ/

家族連れに人気。石屋製菓と言えば北海道土産を代表とするお菓子メーカーですが、実際にお菓子作りが体験出来ます。

庭園は綺麗に手入れされており、おとぎの国のよう。

(行った時期:2015年11月)

外観からとてもおしゃれです。中に入ると白い恋人の製造現場や様々な展示物を見てたのしむことができます。また、ここにしかないカフェや事前に申し込めば体験教室もあるみたいです。家族みんなで楽しめるテーマパークみたいな場所です。

(行った時期:2014年11月14日) 白い恋人パーク

住所/北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

「白い恋人パーク」の詳細はこちら

湯の川温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01202cd2110076290/photo/

函館駅から5km、函館空港から3kmのところにある北海道きっての歓楽温泉で、歴史も古い。旅館やホテルがびっしり並んだ温泉街からは、下北、津軽の両半島や夜には漁火も眺められる。津軽海峡でとれるウニ、イカ、毛ガニ、ホタテなど新鮮な魚介類が食膳を飾るのも楽しみの1つ。泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。開湯1653年。松前藩主の息子が病気にかかり、病気療養場所を探した際に発見されたといわれる。

\口コミ ピックアップ/

函館の町中に泊まるより、絶対にここの温泉に泊まったほうがいいですよ。電車で町中へ出るのも、他の観光地へ行くのもすぐですから。

(行った時期:2015年11月)

気持ちよし!とても気持ちよい温泉です!!のんびりゆったりできで大満足です!!とてもいいところでした!!また是非とも行きたいところでした!!

(行った時期:2011年10月) 湯の川温泉

住所/北海道函館市湯川町

「湯の川温泉」の詳細はこちら

四季彩の丘

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01459cc3540125734/photo/

雄大な大雪算連峰と丘の景色を背景に7haの花畑が広がり、眺望抜群。春から秋まで30種類の花が見られます。冬はバギー・スノーモービル体験ができ、グリーンシーズンとは違う冬の丘の魅力を満喫できます。

\口コミ ピックアップ/

美瑛の景色は最高。北海道のキレイな景色など自然を楽しむなら美瑛ごオススメです。

この四季彩の丘はその中の一つ。綺麗に咲き並ぶ花の絨毯は一見の価値ありです。

(行った時期:2010年11月)

北海道といえば、広い広大な平原。それを実感したいなら四季彩の丘でしょう、北海道に行く度に必ず行く名所です。季節ごとに、植えている花々植物が異なります、私が案外じゃがいもの葉が埋め尽くす自然の景観が好きです、でもいつかはラベンダーが一面の広がる景色を観てみたい!

(行った時期:2013年10月) 四季彩の丘

住所/北海道上川郡美瑛町新星第3

「四季彩の丘」の詳細はこちら

支笏湖温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01224cd2110078350/photo/

支笏湖東岸に位置し、泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉、リウマチ、創傷、火傷などに効果があり、美人の湯とも言われる。宿泊施設は、しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌、休暇村支笏湖、支笏湖第一寶亭留翠山亭、レイクサイドヴィラ翠明閣、支笏湖ユースホステルの6箇所。

\口コミ ピックアップ/

札幌からだとそこそこ距離があるので、いつもというわけにはいきませんが、たまに無性に行きたくなる温泉です。泉質はナトリウム-炭酸水素塩素でつるつる美肌の湯です。湖畔には温泉施設がいくつかありますが、いつも日帰りでの入浴なので今度は宿泊でたっぷりツルツル温泉を堪能したいと思います。

(行った時期:2014年11月)

自然に囲まれ、普段のストレスや騒音から開放させてくれます。ゆっくり温泉に入って、のんびり過ごすには最高ですよ。是非、行ってみて下さい。

(行った時期:2014年11月10日) 支笏湖温泉

住所/北海道千歳市支笏湖温泉

「支笏湖温泉」の詳細はこちら

青い池

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178452/photo/

美瑛の白金温泉から車で約5分のところにある『青い池』。テレビや本で話題になり、観光客が増えている。神秘的で写真スポットにおすすめ。白金温泉に向かう『白金街道』沿いに看板がある。冬期間閉鎖。

\口コミ ピックアップ/

神秘的度ナンバーワン。青い池の駐車場から少し歩くとすぐに池が見え、全然青くないなーと思って奥まで行くと驚く程青いです。外国人観光客も多いため、運が悪いと池を見に行くというより、人の頭を見に行く感じになるそうです。少々、たどり着くまで時間がかかりますが、絶対見ていただきたいスポットです。冬の方が空いているかもしれません。ずっと見ていたかったです。

(行った時期:2015年11月)

どうして、こんな青なんだろうーって不思議になるほどの青です!とても、きれいです!午前中にいったほうがきれいに見えるみたいですよ。

(行った時期:2015年11月) 青い池

住所/北海道上川郡美瑛町白金

「青い池」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

深まる秋には家族でおでかけ!沖縄の秋を家族で満喫できるおすすめスポット20選!
深まる秋には家族でおでかけ!鹿児島の秋を家族で満喫できるおすすめスポット20選!
深まる秋には家族でおでかけ!山口の秋を家族で満喫できるおすすめスポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP