ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の料理は「餃子の皮」で代用できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第ではさまざまな料理に応用が利くポテンシャルを秘めている、と思うのです。そこでこんな活用例のご紹介。

01.
ドライカレーを包めば
インド料理「サモサ」

本来サモサとは、ひき肉などの具材と香辛料を混ぜ、小麦粉を練った皮で包んで揚げる、インドの定番家庭料理。ということは、餃子の皮と大差なし。

あんの代わりにドライカレーを包むのですが、ポイントは三角形を意識して包むこと。170度の油で表面がきつね色になるまで揚げればできあがり。

02.
スパイス風味の揚げ餃子
ロシア料理「チェブレキ」

オレガノやタイムを利かせたひき肉を薄く伸ばした生地に包んで揚げるチェブレキは、ロシアの代表的な家庭料理。言わばロシア版揚げ餃子です。玉ねぎをみじん切りにしてひき肉と一緒に炒めてどうぞ。

03.
マフィン型を使って
フランス郷土料理「キッシュ」

ハードルの高そうなキッシュも、マフィン型を応用すれば餃子の皮で代用可能。ひと口サイズで食べやすく、持ち寄りパーティーやアウトドアにもいいかも。

ベーコンは1センチ幅、玉ねぎは薄切りにします。ボウルに卵、牛乳、シュレッドチーズ、塩こしょうとベーコン、玉ねぎを入れよく混ぜます。マフィン型にバターを薄く塗り、餃子の皮をしいて具を流し入れます。200度に予熱したオーブンで30分焼いて完成。

途中で皮が焦げるようであれば、アルミ箔をかぶせましょう。

04.
混ぜるだけで作れるポルトガル料理「エッグタルト」

エッグタルトといえばポルトガルの伝統菓子。小さなパイ生地に卵黄たっぷりのカスタードクリームを流し込んでつくります。パイ生地をわざわざ用意しなくても、餃子の皮を土台にすることで、材料を混ぜるだけの簡単レシピに。

鍋に卵黄、砂糖、塩、薄力粉を入れて混ぜたら、牛乳を少しずつ加えて混ぜます。中火でとろみがつくまで加熱。マフィン型に薄くバターを塗ったら、餃子の皮をしき、クリームをいれてオーブントースターで表面に焼き色がつくまで焼くだけ。

餃子の皮はアレンジ次第。「余ったからつくる」ではなく、餃子の皮を料理の主役へ。手軽に楽しく、“代用レシピ”を楽しんでみては。

関連記事リンク(外部サイト)

自宅で簡単!「チーズの羽根つき餃子」が、パリパリで美味しい
冷蔵庫に「◯◯しかない」。なのに絶品料理ができる変身レシピ!【まとめ】
春巻きの皮でつくる自家製「ベーコンエピ」もちろん、発酵の必要もありません

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP