ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オービスの代名詞レーダー式は老朽化で減少傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レーダー式オービスはレーダー波で車速を計測する、昔ながらのタイプ。現在は他のオービスへ切り換えが進んでいますが、現役で稼働しているものも多数存在します。とはいえ、オービスの代名詞ともいえるレーダー式は老朽化で減少傾向にあるのでした。

レーダー式オービスは10.525GHz

「レーダー式オービス」は10.525GHzのレーダー波、いわゆるXバンドを使って車速を計測する無人式の速度取り締まり機です。いわゆるレーダー探知機が反応するオービスの代名詞ともいえる存在といえます。

レーダー部は、路面に向けて30度の角度で設置。10.525GHzのレーダー波が常時発射されています。向かってくるクルマに電波を照射し、その反射から「ドップラー効果」でスピードを導き出すわけです。

レーダー部の形状は、丸型と角型があります。丸型は松下通信工業製(現パナソニックモバイルコミュニケーションズ)。角型は三菱電機製です。

レーダー式オービスの電波に反応

レーダー探知機は、このレーダー式オービスが発射している10.525GHzの電波を事前にキャッチしてその存在を知らせてくれる装置。なお、レーダー探知機が反応しない場合、ダミーの可能性もあります。

そして、違反車両はレーダー部奥の路肩や中央分離帯などに設置されたカメラで撮影します。金網に守られていることがよくあるパターン。違反車両は、赤外線ストロボとフィルムカメラで撮影されます。

現在はレーダー式オービスの老朽化が進み、全国的には減少傾向。ループコイル式のLHシステムに置換されています。とはいえ、首都高や東北地方では現役で稼働中です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP