ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「赤旗」スクープ史 「ワタミ 選挙もブラック」など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政治家の金銭スキャンダルから企業の不祥事、果ては宗教団体の追及まで。日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の独自ネタは実に多い。“タブーなき”赤旗のスクープ史を振り返る。

●「田中金脈」追及の嚆矢

「田中角栄氏の秘書グループらが 奇怪な河川敷買い占め」(日曜版1966年10月23日号)

 自民党幹事長だった田中角栄氏が、関連企業を使い信濃川河川敷99万平方メートルを買い占めている事実を報じた。立花隆氏の「田中角栄研究」より8年早く、後に続く角栄金脈の追及の嚆矢となった。

●“学会タブー”も関係なし

「公明党 言論・出版に悪質な圧力  田中(自民)幹事長を仲介に」(1969年12月17日)

 創価学会批判本の出版中止を求める公明党、創価学会による脅迫・妨害行為を赤旗が報道。創価学会がタブー視されていた時期に他紙とは一線を画すスクープとなった。

●世論を動かした「偽装請負」問題

「極秘資料入手 ピンハネ月収の28% 大企業が頼るクリスタル系請負会社の非情」(日曜版2004年10月10日号)

「偽装請負」問題は、赤旗は労働組合からの情報提供などを受けて積極的に追及。キヤノン、トヨタ、日立製作所などの大企業が支払う「請負料」とピンハネの実態をスクープした。

● 安倍内閣の現職大臣に大打撃

「家賃ゼロの衆参議員会館に多額の『事務所費』支出」(2007年1月3日)

 第1次安倍政権当時、赤旗が国会議員の政治資金収支報告書を独自に調査したところ、伊吹文明文科相や松岡利勝農水相ら複数の閣僚らが、家賃ゼロの議員会館に数千万円もの事務所費を計上していた事実が判明した。

●九電幹部「赤旗にやられた」

「九電が“やらせ”メール 玄海原発再稼働 求める投稿 関係会社に依頼」(2011年7月2日)

 玄海原発の運転再開に向けた佐賀県民への「説明番組」で、九電が関係会社の社員らに運転再開を支持するメールを投稿するよう依頼していたとスクープ。九電幹部は「共産党と赤旗にやられた」と漏らしたという。

●「ブラック企業」名指し批判

「ワタミ 選挙もブラック  自民公認渡辺会長“企業ぐるみ”」(日曜版2013年6月16日号)

 2013年7月の参院選比例公認候補だったワタミ創業者の渡辺美樹氏が、株主や顧客宛てに「出馬表明」の文書を送付していたことをスクープし「会社ぐるみ選挙」と批判を展開。このほかユニクロやロッテリアなども「ブラック企業」として名指しで追及した。

●新防衛大臣の政治資金疑惑

「稲田防衛相 3年間で約520万円 疑惑領収書 『白紙』で受領 認める」(日曜版2016年8月14日号)

 稲田朋美防衛相の資金管理団体が、同僚議員らのパーティー券購入時の領収書として白紙のものを受け取り、金額などを稲田事務所側が書き入れていた実態をスクープ。

※SAPIO2016年10月号

【関連記事】
赤旗記者が国会議員秘書に早変わりしスムーズに取材進められる
しんぶん赤旗を読み解く9つのキーワード
労働問題に強い赤旗 労組ネットワークがあるからこそ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP