体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリアのワーホリで入国して最初にやるべき5つのこと

オーストラリアのワーホリで入国して最初にやるべき5つのこと

オーストラリア行きの航空券とワーキングホリデービザを取得したら、いざオーストラリアへ出発!

語学学校や英語力アップ、ラウンドやサーフトリップなど、ワーキングホリデーの目的は人それぞれですが、ワーキングホリデービザでオーストラリアに入国したら、まずやらなくてはいけない手続きなどがあります。

うまくいけば最初の1〜2週間で終わらせることができると思います。英語を使って自分でやることで今後の自信にも繋がっていくので、がんばってやってみましょう。

 

1.口座開設

pixta_19318661_S

口座開設に必要なものは、パスポートと最低預金額50ドル程度です。

口座開設は、入国してから6週間以内におこないましょう。入国から6週間を過ぎると銀行口座開設に必要な身分証明がパスポート以外にも必要になってきます。

 

代表的な都市銀行はこちらの4つ。
ANZ Bank(オーストラリアニュージーランド銀行)
Commonwealth Bank(コモンウェルス銀行)
Westpac Bank(ウェストパック銀行)
National Australia Bank(ナショナルオーストラリア銀行)

 

キャッシュカードは口座開設から1、2週間後、指定した郵送先に送付されます。

オーストラリアでは、普通の買い物の支払いでもカードを使うことが多いです。キャッシュカードには、エフトポス(EFTPOS)という日本のデビットカードのような便利な機能が付いていて、支払いと同時に銀行口座から引き落としてくれます。

 

普通口座の開設と合わせて、インターネットバンキングの口座も開設しておくと便利です。

 

2.タックスファイルナンバー(TFN)の取得

Tax Payment Financial Economy Accounting Concept

タックスファイルナンバー(TFN: Tax File Number)とは、納税者番号のことです。オーストラリアで働く場合には、ビザの種類に関わらず必ずタックスファイルナンバーを取得し、雇用主に見せなくてはいけません。

 

ATO(Australian Taxation Office)のサイト からオンラインで申請できます。
(すべて英語ですが、いろいろな日本語サイトがマニュアルを出しています。)

オーストラリアに入国してからでないとこの申請はできません。申請後1〜2週間で証書が指定した郵送先に送付されます。

 

3.携帯電話の取得

Coffee Shop Shopping Relaxation Purchase Youth Concept

オーストラリアでも、日本と同じように携帯電話は日常生活の必需品となっています。

ワーホリや留学生は滞在期間が限られているため、通常の携帯電話の契約プランでは難しく、日系のレンタル携帯電話を使用するか、プリペイドSIM携帯電話を使用するかのどちらかになります。

 

レンタル携帯電話は、最初に本体のレンタル料を支払い、毎月の使用料を支払っていきます。契約にはクレジットカードが必要です。

プリペイど携帯電話は、携帯電話ショップで購入することができます。毎月の基本使用料は無く使用した際に通話料金のみが課金されます。

 

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会