ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストラリアのワーホリで入国して最初にやるべき5つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オーストラリア行きの航空券とワーキングホリデービザを取得したら、いざオーストラリアへ出発!

語学学校や英語力アップ、ラウンドやサーフトリップなど、ワーキングホリデーの目的は人それぞれですが、ワーキングホリデービザでオーストラリアに入国したら、まずやらなくてはいけない手続きなどがあります。

うまくいけば最初の1〜2週間で終わらせることができると思います。英語を使って自分でやることで今後の自信にも繋がっていくので、がんばってやってみましょう。

 

1.口座開設

口座開設に必要なものは、パスポートと最低預金額50ドル程度です。

口座開設は、入国してから6週間以内におこないましょう。入国から6週間を過ぎると銀行口座開設に必要な身分証明がパスポート以外にも必要になってきます。

 

代表的な都市銀行はこちらの4つ。
ANZ Bank(オーストラリアニュージーランド銀行)
Commonwealth Bank(コモンウェルス銀行)
Westpac Bank(ウェストパック銀行)
National Australia Bank(ナショナルオーストラリア銀行)

 

キャッシュカードは口座開設から1、2週間後、指定した郵送先に送付されます。

オーストラリアでは、普通の買い物の支払いでもカードを使うことが多いです。キャッシュカードには、エフトポス(EFTPOS)という日本のデビットカードのような便利な機能が付いていて、支払いと同時に銀行口座から引き落としてくれます。

 

普通口座の開設と合わせて、インターネットバンキングの口座も開設しておくと便利です。

 

2.タックスファイルナンバー(TFN)の取得

タックスファイルナンバー(TFN: Tax File Number)とは、納税者番号のことです。オーストラリアで働く場合には、ビザの種類に関わらず必ずタックスファイルナンバーを取得し、雇用主に見せなくてはいけません。

 

ATO(Australian Taxation Office)のサイト からオンラインで申請できます。
(すべて英語ですが、いろいろな日本語サイトがマニュアルを出しています。)

オーストラリアに入国してからでないとこの申請はできません。申請後1〜2週間で証書が指定した郵送先に送付されます。

 

3.携帯電話の取得

オーストラリアでも、日本と同じように携帯電話は日常生活の必需品となっています。

ワーホリや留学生は滞在期間が限られているため、通常の携帯電話の契約プランでは難しく、日系のレンタル携帯電話を使用するか、プリペイドSIM携帯電話を使用するかのどちらかになります。

 

レンタル携帯電話は、最初に本体のレンタル料を支払い、毎月の使用料を支払っていきます。契約にはクレジットカードが必要です。

プリペイど携帯電話は、携帯電話ショップで購入することができます。毎月の基本使用料は無く使用した際に通話料金のみが課金されます。

 

SIMフリーの携帯電話を持っていれば、プリペイドのSIMカードのみを購入することもできます。基本使用料を支払いたくない人や、クレジットカードを使いたくない人は、プリペイドSIMがおすすめです。

 

4.在留届の提出

外国に住所を決めて3カ月以上滞在する人は、在留届の提出が義務付けられています。

在留届を提出することにより、事故や事件、災害などに遭った場合の安否確認や家族との連絡、救援活動を迅速におこなうことができます。

 

オーストラリアは治安の良い国ですが、いつ事故や事件、災害に巻き込まれるかわかりません。
自分自身や日本にいる家族のためにも在留届を提出しましょう。

直接オーストラリア大使館に連絡または、オンラインからも提出できます。
外務省OORネット https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

 

5.住まい、仕事の探し方

オーストラリアに入国する前に、着いたら泊まる宿を予約しておきましょう。

Booking.comHostelworldなどでホステルを予約するか、どの主要都市にもあるYHAがおすすめです。YHAは日本でも会員証を作ることができるので、あらかじめ会員証を作って会員価格で予約すると良いです

 

他にもシェアハウスやAirbnbなどで家を探すこともできますが、初めのうちは銀行口座を開設したり、携帯電話を契約したりと、町中での用事が多いと思うので駅から近いホステルやYHAに泊まるのが便利かと思います。

 

ホステルの掲示板にシェアハウスや仕事の募集が貼ってあることがあります。情報収集にも役立つのでチェックしてみるのも良いです。

また、オーストラリア生活情報サイトを利用して、シェアハウスや仕事を探すこともできます。

日豪プレス http://nichigopress.jp
JAMS http://jams.tv

 

以下も参考にしてみてください。

All photo by pixta

語学学校に行くにしても、ホームステイをするにしても、仕事を始めるにしても、初めの数ヶ月の間、人や環境に興味を持って積極的に英語を話し、友達を作ることをオススメします。

次の仕事や住む場所を探すとき、友達からの情報とコネは強力な武器になること間違いないです。

関連記事リンク(外部サイト)

ワーホリ前に効果的なフィリピンの語学学校3選!英語ができると仕事の選択肢が広がる
【海外で働きたい人必見】ニュージーランドでワーホリに行こう
当てはまる?海外に一歩踏み出すべき3つのタイミング
【倍率は宝くじ並み!?】イギリスのワーホリビザ取得前に知っておくべきこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP