体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Ken(L’Arc~en~Ciel)自らが声をかけた仲間たちが集結するツアー大阪・堂島リバーフォーラム公演開催

Ken(L’Arc~en~Ciel)自らが声をかけた仲間たちが集結するツアー大阪・堂島リバーフォーラム公演開催

Ken(L’Arc~en~Ciel)主宰のライヴイベント、「PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~」のツアー3本目、9月25日大阪・堂島リバーフォーラム公演が開催された。

この日のトップバッターはPARTY ZOO初参加のGUTS AND DEATH(ごっつぁんです)。登場するなり、まず歌舞伎メイクのドラマーカブキン(Youtuberでもある)に注目が集まる。観客が自然に拳をあげてしまうようなキャッチーな楽曲で会場も熱を帯びる。そして、最後の2曲をYUKKE(MUCC)がベースで参加。より一層音が分厚くなり、この日限定の4人でのグルーヴで会場を盛り上げた。「トップバッターで全力疾走してきましたー☆スーパー楽しかったです!!Kenさん、YUKKEさん ありがとうございました(●´-`●)!!」(GnD 揺紗)

続いては豊洲PIT公演に続き2回目の出演のA9。眩しいほどに白い衣装に身を包んだ5人が登場。それはまるでこれから夢の世界へと連れて行ってくれる執事のようにも王子のようにも見え、その期待通りに5人の演奏は煌びやかな景色を作り出した。観客もその景色を楽しみ、夢の世界に心酔していた。「猛獣たちの競演、PARTY ZOO大阪公演お疲れさまでした。このツアーに参加させてもらい、物凄く成長できていると感じています。間違いなく、今後のステージに活かされることになると思います。今日のステージも、先日Kenさんにアドバイスを頂き予定より少し変更したり!次回はA9としてはラストの出演、10月2日Zepp DiverCityです。遂におれもKen With Naughty Starsに参戦します!!楽しみにしてください!!」(A9 沙我)

2009年に突如出現したバンド「カラス」。逹瑯、ヒロト、KENZOのオリジナルメンバーに、AKi、圭が加わったこの日限定のメンバーでA9の白から一転、暗黒の黒へと塗り変えていく。持ち曲3曲すべてを颯爽とやりきり、あっという間にカラスは羽ばたいていった。「全曲やりきった!!次は新曲できるといいな!」(逹瑯)

続いては、BAROQUE。ニューシングルリリースの情報が堂島公演の前日に発表され、今やこのBAROQUEの勢いを止められるものはいないだろう。二人とも一見クールで熱さとは無縁のように思えるが、二人が発する輝く音色の中には必ず熱さが存在している。そしてこの日はKenが1曲参加。Kenがプロデュースしニューシングル「G I R L」をステージ上の5人が本当に楽しんでいた。「PARTY ZOOも早いものでもう折り返し!BAROQUE的には最新シングルGIRLの先行リリースがあったりで特別な1日でした。このツアーでずっとちゃんとやりたかったCELEBRATEが出来たりKenさんとGIRLを演奏したりライブもスペシャルなライブになりました。大阪の皆ありがとう!」(圭)

そして、トリを飾るのはMUCC。堂島公演の数日前にできたばかりという新曲を披露。一度聞いたらすぐにのれる楽曲に逹瑯のタンバリンも入り、初めて聞くにも関わらず、観客は大盛り上がり。次々と曲が展開していく度に高揚感が増していき、「よくわからないけど楽しい!」という、まさに“音”を“楽”しむ集団がそこにあった。「大阪PARTY ZOOさいこーだったー!今日はGnDにも2曲参加させてもらいました!たのしかった!思い出深い一夜でした。アンコールのせっしょんの虹に感動!!次回ZEEPにも期待してねー!」(YUKKE)

最後はKen with Naughty starsのセッションへ。「大阪で生まれた女」をミヤ(MUCC)とKenがデュエット。この選曲やお揃いのサングラスに会場からは笑い声も。二人は曲に入り込んだまま、しっかりと歌い上げた。この日の園長はヒロト。どうしてもやりたかったという、L’Arc~en~Cielの「虹」と「fate」をKenとともに演奏。会場は虹のイントロのアルペジオをヒロトが弾いた瞬間に大歓声。最後はイベントソングの「PARTY ZOO」を出演者総出で披露し、幕を閉じた。残すは東京 Zepp DiverCityと仙台PITの2公演となる。

「今日セッションで音に溶け込めたよー!気持ちいい!より色彩をました各バンドの演奏が会場中に広がったいい夜だった。」(Ken)

セットリスト
【GUTS AND DEATH】
1. GR8EST MOMENT
2. FIRE AWAY
3. NORM CORE?
4. 超シュプレヒコール
5. 21世紀の革命と創造
6. テキーラウイスキースピリタス (with YUKKE)
7. MATSURI (with YUKKE)

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。