ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子旅の新定番!?シュトゥットガルト周辺が可愛い過ぎてシャッターが止まらない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、五島夕夏ともうします。

私は東京(の郊外)生まれ東京(の郊外)育ちの23歳で、趣味は絵本を読むこと・映画を観ること・猫を撫でること。普段はフリーランスのイラストレーター・ライターとして活動しています。趣味から察する通り完全なインドア派で、海外旅行に関してはまったくの素人です。

そんな私が、なんと今回ドイツへ旅立つこととなりました。約10日間かけて、ミュンヘン〜ベルリンを巡ります。慣れない土地への不安と期待が入り混じり、なんとも複雑な気持ち…。しかし、行くからには全力で楽しまないともったいない!

ということで、ある時は海外初心者、ある時は若い女性、またある時はイラストレーターとして、様々な目線からドイツの魅力をひも解いていきます!

> ドイツに無料で行けるキャンペーンはこちらから < 

改めまして、こんにちは!五島夕夏のドイツ旅、3日目の今日はミュンヘンからシュトゥットガルトへ向かいます。ちなみに、これまでの旅の様子は以下からご覧頂けますよ♪

【ダイジェスト編】


【第1話 ミュンヘン編】

 

ジャーマンレイルパスで安心!列車旅

移動には列車を利用するのですが、ここで活躍するのが日本で購入しておいたジャーマンレイルパス!ジャーマンレイルパスとは、ドイツ国内を周遊できる鉄道用均一乗車券のこと。これさえあればドイツであたふた切符を買わなくて済むので、超オススメ。しかも1等席に乗れるので、長時間の移動もゆったりで、本当にオススメです。

まずは、本日の宿泊地であるシュトゥットガルトへ向かう前に、ドイツ3大名城のひとつであるホーエンツォレルン城を訪れようと思います。ウワサによると、“天空の城“なんて呼ばれていたりもするんですって。楽しみだなあ。

列車で揺られること数時間、ホーエンツォレルン城の最寄り駅であるヘッヒンゲンに到着。赤い屋根とたくさんの木々、少しのカフェ…。何とも言えないのどかな雰囲気に、思わず息を深く吸い込みます。

お城にたどり着くためには、ヘッヒンゲンからタクシーで20分ほどかけて山を登り、そこから更にバスへ乗り継ぎます。さすが天空の城、なかなか険しい道のりだ〜。

やっとこさお城の入り口に着きました。遊園地のアトラクションみたいで、現実味がないなあ。本当にここは山の上なのかな?しかし、くねくねトンネルのような道を登った先には、ワアッ!と息を飲む美しい光景が広がっていました。

 

天空に浮かぶ古城とは

360度緑に囲まれた、高い山。そのてっぺんにそびえ立つ古城。こんな場所に訪れる日が来るなんて、思いもしませんでした。すごいよ凄い、凄すぎるー!物語の主人公になった気分でお城の周りを探検します。

目の前にするとさすが、大迫力のホーエンツォレルン城。お城の外壁にはたくさんの傷跡がついていて、作り物ではない歴史を感じさせられます。遠い昔、本当にここに人がいたんだなあ。ふもとから見上げるのとはまた違った発見があるので、ぜひ近くでじっくり観察することをおすすめします。

城内のレストランでは本格的なドイツ料理を堪能できるそう。天空の城で食事するなんて、ロマンチックすぎる。いやあ、時間をかけて訪れた甲斐がありました。素晴らしい景色を目に焼き付けて、もう大満足!再び列車に乗り込んでシュトゥットガルトへ向かいます。

いよいよ、シュトゥットガルトのイビスホテルに到着!

今回の旅ではドイツ各地のイビスホテルに宿泊したのですが、なんといってもベッドが最高。ふっかふかで大きいの。旅行先でなかなか寝付けない私も、ドイツでは毎日朝までぐっすり眠ることができました。低価格なのにも関わらず、お部屋はとても清潔かつ立地も良いので、宿泊費を抑えたい方はぜひ利用してみてください。
ちなみに私が宿泊したのはココ!
・名称:イビスシュトゥットガルトシティ ホテル
・住所:PRESSELSTRASSE 15 70191 – シュトゥットガルト
・アクセス:中央駅から地下鉄U5、U6、U7、U15に乗車、Eckartshaldenwegで降車後、徒歩2分
・電話番号:(+49)711/255510
・料金:€77〜 (時期によって変動)
・公式サイトURL:https://goo.gl/R4mouI

 

小さな街「エスリンゲン」の大きな魅力

たっぷり睡眠をとった次の日、シュトゥットガルトから列車で15分の場所にあるエスリンゲンにやってきました。教会からショッピングモールまで、たくさんの観光スポットが小さな街の中に凝縮されています。

可愛すぎる建物をバックにジェラートをぱくり。ああ、女子のときめきが詰まったシチュエーションだ!

そうそう。ドイツはどこの街でもアイスが売っていて、赤ちゃんからおじいちゃんまで、みんなよく食べているのを見かけます。シングルサイズで1ユーロ(約130円)ほどということは、日本のコンビニアイスのような感覚でしょうか。甘すぎずさっぱり爽やかだし、暑い時期には毎日食べたくなっちゃう!

お店によってフレーバーも値段も変わるので、街ごとに食べ比べたら楽しそうだなあ。

 

女子旅するならココできまり!

ジェラートで涼んだあとは、通りを歩いてショッピング。おしゃれな雑貨屋さんや文房具屋さんがたくさんあるから、ついつい買いすぎちゃいそうだな〜。個人店が多く、一点もののお土産を選ぶのに最適。ポストカードやノートはかさばらず荷物にならないので、気に入ったら即決しましょう。出会ったその瞬間が買い時です!

たまらなく可愛い街並みに、写真を撮る手が止まりません。こういう場所は、気の合う女友達と訪れたら楽しそうだなあ。色とりどりの建物にいちいち感動して、お買い物をして歩き回って、疲れたら甘いものをいっぱい食べて。女子同士でドイツを旅する際、わたしはエスリンゲンを一押しします!

ひとつ気をつけてほしいのは、一面石畳なのでヒールの靴は控えましょう。確実に足を取られます。

この日の夜ご飯は、白ソーセージにプレッツェル、それにビール。かなりシンプルなビジュアルですが、ぷりぷりのソーセージと固めのプレッツェルは相性バツグン。もちろんビールに合うし、女子でも重く感じない味付けです。

歩いて、見て、驚いて、食べて、五感をフル活用したシュトゥットガルト拠点の2日間。さあ明日は何をしよう?とワクワクしながら飲むビール、最高!まだまだ続くドイツ旅、次回もご期待くださいませ。ビス・バルト〜!(またね〜!)

 

私が行ったドイツの旅が当たるキャンペーンも開催中!

応募方法は至って簡単!以下のキャンペーンページにてドイツ観光局から配信されるメルマガに登録するだけみたいなので、すぐさまチェックしてみてね〜 → https://goo.gl/hX2r2N


関連記事リンク(外部サイト)

第6話【最幸なひとときをサッカーと共に】ドルトムント香川真司の活躍に現地サポーターと熱狂!
女子大生が選ぶ美味しいドイツの食べ物9選
世テクノ都市ベルリンにある超有名クラブ「Berghain(ベルクハイン)」の音を求めて
ヨーロッパに移住して直面する「現実」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP