ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

洞窟宴会、松茸三昧…ちょっと変わったランチ付日帰り温泉【東海】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

少しずつ涼しくなって朝晩は秋の訪れを感じさせる季節。夏の暑さで疲れた体を癒しに、さくっと日帰り温泉に出かけてみませんか?

今回紹介するのは数ある日帰り温泉の中でも、ごはんがおいしい施設をピックアップ!さらにその中から、ちょっと変わった体験ができる施設をまとめました。洞窟で宴会したり、松茸三昧だったり、精進料理にヘルシープラン!

SNSにあげたらちょっぴり自慢できちゃうかも!?お気に入りの一湯を探してみてくださいね。

飛騨金山ぬく森の里温泉 道の温泉駅かれん【岐阜県下呂市】

道の駅で松茸料理。

松茸の香りを上品に閉じ込めた土瓶蒸し

飛騨牛と一緒に味わえる松茸入りすき焼きも人気

ただよう香りがたまらない焼き松茸

食事メニュー

★松茸入りすき焼き2484円(定食2808円)、松茸土瓶蒸し1296円、焼き松茸1944円

●飛騨牛すき焼き定食 1944円● 鶏ちゃん定食 1080円 ●かれん定食 950円

温泉DATA

清流馬瀬川を望む温泉は、無色のアルカリ単純泉

入浴料 中学生以上450円、小学生300円

◆バスタオル:販売600円

◆フェイスタオル:販売200円

◆湯上がり処:座敷

◆リラクゼーション:あり

地元の野菜や工芸品が並ぶ朝取横丁も併設

お食事処では飛騨牛や鮎など郷土の食材を中心に、単品からコース料理まで幅広くラインナップ。

例年秋口からは松茸が登場し、各種メニューで味わうことができます。

道の駅としては珍しく宿泊施設を併設しています。

立ち寄りInfo.

筋骨めぐり 車で3分

“筋骨”とは、飛騨の言葉で路地裏のこと。

飛騨街道金山宿の一帯は、細い公道が複雑に張り巡らされ、まるで迷路のような状態に。

昭和が薫るレトロな情景を訪ね歩いてみては。 飛騨金山ぬく森の里温泉 道の温泉駅かれん

TEL/0576-32-4855

住所/岐阜県下呂市金山町金山911-1

営業時間/食事処かれん:モーニング8時~10時、ランチ11時~14時、ディナー17時~21時(LO20時30分) 温泉:7時~9時(朝風呂)、11時~21時 ※木曜日は清掃のため13時から営業

定休日/第3木曜日

アクセス/東海環状道富加関ICより50分

駐車場/39台

「飛騨金山ぬく森の里温泉 道の温泉駅かれん」の詳細はこちら

地底の楽園 磨洞温泉 涼風荘【三重県津市】

洞窟で宴会!?

なぜか鬼の口から洞窟へ…。期待が高まります

洞窟内はひんやり涼しいので、肉を焼いても快適

津名物アサリの浜焼きなど、魚介類たっぷりの「レディスプラン」

食事メニュー

★レディスプラン(入浴券付き)3456円 【要予約】

※洞窟座席での食事+温泉のセット

●伊勢湾の幸プラン(入浴料別途) 2916円~●あさりプラン(入浴料別途) 1836円~

温泉DATA

天井の穴から神秘的な光が差し込む、名物の洞窟風呂。ほかに熱帯植物が茂るガーデン風呂もある

入浴料 中学生以上700円、小学生400円、幼児(4歳~6歳)200円、シニア(65歳~)500円 ※貸切洞窟風呂(45分) 貸切料別途1室2500円

◆バスタオル:レンタル200円

◆フェイスタオル:販売200円

◆湯上がり処:座敷

◆リラクゼーション:なし

磨き砂の採掘場として掘削された洞窟を、先代が温泉旅館としてオープン。

洞窟内で食事を楽しみ、洞窟内の湯に浸かれば、かなりの非日常体験になること間違いなし!?

併設の宿では宿泊もできます。

立ち寄りInfo.

三重県総合博物館MieMu 車で15分

三重の生活文化や歴史を、映像やジオラマなど趣向を凝らした展示で紹介。

営業時間:9時~17時(土日祝~19時) 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日) 料金:基本展示:大人510円、学生300円 地底の楽園 磨洞(まどう)温泉 涼風荘(りょうふうそう)

TEL/059-228-8413

住所/三重県津市半田2860-1

営業時間/食事処半田村:11時~14時(LO)、17時~20時30分(LO) 温泉:11時~20時(最終受付)

定休日/不定

アクセス/伊勢道久居ICより5分

駐車場/30台

「地底の楽園 磨洞温泉 涼風荘」の詳細はこちら

なばなの里【三重県桑名市】

食事はお好きなレストランで。

「イタリアンレストラン 麦」のランチAコース1350円

「中国料理 桃仙」のランチすぶたセット1600円

「麺料理 芭蕉庵」の海老かき揚げざるそば1600円

温泉DATA

日本庭園に点在する露天風呂を、あちこち巡るのが楽しい

入浴料 小学生以上1500円、3歳~小学生未満500円

※別途「なばなの里」入園料が必要(「里の湯」ほか里内の飲食店などで使える1000円分の金券付き) 「なばなの里」入園料(小学生以上):~9月16日は1000円、9月17日~10月14日は1600円、10月15日以降2300円

◆バスタオル:レンタル無料

◆フェイスタオル:レンタル無料

◆湯上がり処:待合い処

◆リラクゼーション:なし

広大な敷地に花壇やレストランが点在。

日帰り温泉施設「里の湯」のある園内には、中華やイタリアン、和食や麺処など計8つの飲食店があり、なばなの里の入園料に付いてくる金券が利用できるのが嬉しいですね。

立ち寄りInfo.

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 車で15分

国内外約240店舗が揃うアウトレット。ナガシマスパーランドに隣接し、ファッションから雑貨、アクセサリーまで幅広く充実している。営業時間:10時~20時(飲食店は店舗により異なる) 定休日:不定 なばなの里

TEL/0594-41-0787(代)

住所/三重県桑名市長島町駒江漆畑270

営業時間/里の湯:10時~22時(最終受付21時30分) ※変動あり 各レストラン店舗により異なる

定休日/なし

アクセス/東名阪道長島ICより10分

駐車場/3000台

「なばなの里」の詳細はこちら

養老温泉ゆせんの里 ホテルなでしこ【岐阜県養老町】

汗蒸幕×ヘルシーメニュー。

「レストラン自然の恵」では「湯葉三種御膳」など低カロリーメニューを提供

食事メニュー

★湯葉三種御膳 1280円

●たっぷりお豆御膳 1080円 ●週替りランチ 1280円 ※いずれも「レストラン自然の恵」にて提供

温泉DATA

本館「みのり乃湯」の温泉は40.5℃と適温で、湯は贅沢なかけ流し

ドームサウナで行う汗蒸幕(はんじゅんまく)は女性に人気

「本館 みのり乃湯」入浴料 平日:中学生以上700円、小学生400円 土日祝:中学生以上800円、小学生400円

◆バスタオル:スポーツタオル・フェイスタオルセットのレンタル300円

◆フェイスタオル:販売200円

◆湯上がり処:リラクゼーションスペース

◆リラクゼーション:あり

[別館 温熱療法館]入館料 中学生以上1500円、小学生900円 ※タオル・館内着付き

健康増進や疲労回復を目的に訪れる人の多い温泉施設。

地下1700mからくみ上げた濃厚なにごり湯や、別館にある韓国伝来の汗蒸幕(はんじゅんまく)と、ヘルシーな食事の組み合わせで、体をメンテナンス!

立ち寄りInfo.

養老公園 車で10分

養老の滝を中心に散策路が整備された大きな公園。

アートな「養老天命反転地」や無料で遊べる「岐阜県こどもの国」など見どころ充実。

営業時間:9時~17時(施設による) 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日) 養老温泉ゆせんの里 ホテルなでしこ

TEL/0584-34-1313

住所/岐阜県養老郡養老町押越1522-1

営業時間/本館・温泉みのり乃湯:8時~22時(最終受付21時30分) 別館・温熱療法館:10時~23時(最終入館21時)

定休日/第4木曜日(祝または26日の場合は前日)、別館・温熱療法館は休なし

アクセス/名神大垣ICより15分

駐車場/200台

「養老温泉ゆせんの里 ホテルなでしこ」の詳細はこちら

天然温泉 湯元 湯華の郷【岐阜県池田町】

絶景の高台露天と精進料理。

抹茶から始まり、熱い料理は熱い状態で、丁寧に提供してくれる

食事はテーブル席でのんびりと。ほかに畳の個室も用意する

食事メニュー

★松の膳 2500円 ※食事+入浴のセット

●菊の膳 1200円(入浴料別途) ●竹の膳 1500円(入浴料別途)

温泉DATA

つるつるの温泉が注がれる露天風呂からは、金華山や中央アルプスまでも一望

入浴料中学生以上800円、小学生以下500円

◆バスタオル:なし

◆フェイスタオル:販売200円

◆湯上がり処:ソファ・畳

◆リラクゼーション:あり

弓削寺(ゆげじ)の境内にある温泉施設。

時季や気候に合わせた精進料理は、周辺で採れる山野草を天ぷらに使うなど風情たっぷり。

作法に則らず気楽に、との思いを反映してか、館内は居心地のいい空間です。

立ち寄りInfo.

道の駅池田温泉 車で10分

野菜や特産品の直売所を中心に、地元メーカーのショップや物産展がブース形式で寄り集まった、珍しい形式の道の駅。

足湯もあります。

営業時間:10時~17時 定休日:水曜日(祝日の場合は翌日) 天然温泉 湯元 湯華(ゆげ)の郷

TEL/0585-45-3804

住所/岐阜県揖斐郡池田町段721

営業時間/食事処湯華庵:11時~21時(LO20時) 温泉:10時~22時

定休日/第2火曜日(祝日の場合は翌日)

アクセス/東海環状道大垣西ICより25分

駐車場/50台 ※温泉:循環あり

「天然温泉 湯元 湯華の郷」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

まるでヨーロッパの絶景!?滋賀で楽しむ♪秋のコスモスドライブ
デートにおすすめ!有馬温泉の散策スポット10選【兵庫】
続々登場!九州の2016年ニューオープン&リニューアル日帰り温泉

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP