ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陸上自衛隊の体験試乗はテーマパークよりスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「駐屯地祭」と呼ばれる陸上自衛隊のイベントは、主に「記念行事」という式典からなっています。駐屯地の設立や駐屯部隊の創隊を記念して、年に1回行うものです。駐屯地祭の目玉は陸上自衛隊ならではの体験試乗。その迫力はテーマパークの比ではありません。

陸上自衛隊の戦車やヘリに乗れる

陸上自衛隊の駐屯地祭では、式典を一般公開すると同時にイベント性を持たせて、地域住民との交流の場として活用。普段は立ち入ることができない駐屯地に、我々一般人が入れる貴重な機会です。

駐屯地の中にはさまざまな施設があり、演習場以外にも「PX」と呼ばれる売店(一般人も購入可能)や史料館に入れます。見どころが多く、1日では見て回り切れないほど広い駐屯地もあるのです。

式典である駐屯地祭のメインは、装備品を使った駐屯地司令に対する観閲行進や訓練展示です。また、展示終了後に戦車や車両、ヘリコプターに乗れる陸上自衛隊ならではの「体験試乗(搭乗)」を行っている駐屯地があります。

陸上自衛隊ならではの体験イベント

普段は見ることすらできない戦車に乗ったり、ヘリコプターに乗って駐屯地の上空を飛行したりすることが可能。陸上自衛隊ならではの貴重な体験型イベントが実施されるのです。

とはいえ、すべての駐屯地祭で体験試乗や体験搭乗が実施されるわけではありません。それらの装備を運用できる戦車部隊やヘリ部隊が配備されている駐屯地で主に行われます。

事前に体験試乗の実施をWebサイトで確認してください。というのも、体験試乗には往復ハガキによる事前申込みの抽選方式や、当日に先着順で整理券を配布する方式もあるからです。駐屯地祭で、テーマパークのアトラクションの比ではない、本物を体験してみてください。(文/大北浩士)

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP