ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倉木麻衣、「FRESH ASIA CHART AWARD」にて最優秀海外特別アーティスト受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

倉木麻衣が、「FRESH ASIA CHART AWARD」にて“アジアで最も影響力のある日本人歌手”として「最優秀海外特別アーティスト」を受賞した。

「FRESH ASIA CHART AWARD」とは、中国最大手のポータルサイトであるSina社が開催する音楽の授賞式典で、Sina社は中国大手のテンセント社を抜いてIT系のメディア企業として中国No1の会社だ。今回、中国Sina社本社の総裁より直々のオファーがあり倉木の受賞が確定した。今まではweb上だけで行われていた授賞が、今回初めて授賞式の形で開催となっており、Sina社として総力をあげた音楽の祭典となった。

会場となった北京会議センターは国家所有の施設として有名で、普段は政府要人が使用している特別な場所だという。ある意味中国が認めた大規模且つ特別な授賞式という位置付けの今回、他受賞アーティストは中国が世界に誇るクリス・ウー(元EXO)、TFBOYS、陳潔儀(キット・チャン)そして李宇春など約20組だが、海外受賞アーティストは倉木麻衣一人となっており、倉木の中国での海外アーティストとしての影響力の大きさが伺えた。今回の授賞式の総責任者であるSina社CEOは、「日中の友好交流の中で、倉木麻衣さんは日本を代表するアーティストであり、日本でも代表作(楽曲)を多く発表している。更に今回は、日中の文化交流を深めるに相応しいアーティストとして、また流行楽曲を発表し続けている倉木麻衣さんは今回の受賞に相応しいアーティストだと言える」と、倉木選定理由についてコメントしている。

倉木麻衣と言えば、アジアでも圧倒的な知名度と人気の高さが知られており、中国盤ブログweiboでは2つのオフィシャルアカウントを持っていてフォロアーは計500万人を突破、日本人アーティストでは他に大きな差をつけて1位となっている。また、最新のビデオリサーチ調べ中国版タレントイメージ調査結果「日本人タレント女性部門」では、北京、上海、広州3都市合計、個人全体での人気度で安室奈美恵らを押さえ1位を獲得している。

その人気は中国のみならず、2007年には台湾最大・最高の音楽賞「金曲奨」に出演。倉木は日本代表としてプレゼンテーターを務め、2007年9月には、韓国の国際文化産業交流財団が主催するイベント「2007・アジアソングフェスティバル」に日本代表として出演。更には2008年12月には香港四大音楽賞(音楽アワード)の一つ、新城電台(Metro radio)主催の「新城勁爆頒奨礼2008」(Hit Awards 2008)がASIA WORLD EXPO ARENAで行われた際は、日本から唯一プレゼンターとして参加。2012年4月マカオで開催されたアジアの音楽祭「2012 Channel [V] “Migu” Chinese Music Award」では、「The Most Popular Asian Influential Japanese Singer」(アジアで最も影響力のある日本人歌手)を受賞しており、その人気はアジア各国のお墨付きと言える。

そしてこの9月には初の中国ツアーとして9月2日上海、17日広州、24日杭州での公演を行い、10,000人以上のファンを動員し大成功となった。中国での単独ライブは、約7年振りとあり、会場を埋め尽くすファンからは絶叫に近い大声援が上がり、待ちに待った公演であったことが伺えた。

ライブ中、中国語を織り交ぜて披露された「STAND BY YOU」「Born to be Free」の盛り上がりはもちろんのこと、中国でも大変な人気を誇るアニメ「名探偵コナン」エンディングとなった「Secret of my heart」では、曲名を言った後に悲鳴にも近い歓声が会場中に響き、日本語の歌詞で会場一体となっての大合唱が繰り広げられた。また中国語でのMCには倉木の一声ごとに大歓声があがり、その土地の言葉も交えた挨拶にも会場は大いに湧いた。更に、今ツアーのために特注された豪華衣装も目を引き、特に赤のオリジナル振り袖ドレスは、日本と中国の融合をイメージして作られ、今回のツアータイトルにもなった「Time after time 〜花舞う街で〜」のイントロでこの衣装に着替えた倉木が登場した際は大きな歓声が鳴り響き、観客を魅了していた。

今年は、アジアだけでなく2月に行った社会活動としてカンボジア訪問や4月の「日露文化交流〜日本の春〜10周年記念 倉木麻衣スペシャルコンサート」への出演など海外での活躍が目立った倉木だが、遂に日本国内でのツアーが決定した。

約3年振りとなる倉木麻衣2017年全国ツアーは「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”」ということで、「名探偵コナン」エンディングテーマとして盛り上がっている「SAWAGE☆LIFE」にひっかけた遊び心溢れるタイトルに決定。“SAWAGE☆LIVE”という名に相応しい、思いっきりハジけられるような派手な演出や仕掛け、展開を企画中という。

中国ツアーと今回の受賞、そして国内ツアー決定に関して、帰国後の倉木は次のようにコメントしている。

「中国での単独ライブは約7年振りだったこともあり、ものすごく熱い歓声で迎えていただいて感動で胸が震えました。また、中国公演後『FRESH ASIA CHART AWARD』で、素晴らしい賞をいただき、光栄に思っています。この賞は、Sinaの皆さんといつもサポートして支えて下さっているスタッフの皆さん、そしてデビューしてからずっと熱く応援してくださっているMai.Kファンの皆さんといただいた賞になります。今回の受賞も、倉木麻衣チームを代表として、トロフィーを受け取らせて頂きました。慣れない場面で緊張しましたが、会場の皆さんと一緒に喜びをシェアできたことを嬉しく思います。これからも、自分らしく音楽活動を通して歌を届けていきたいと思っています。そして、来年春には私の新たな全国ライブ『Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”』が決定しました!私も待ちに待った全国ライブ“SAWAGE☆LIVE”なので、これまで大事にしてきた、ありったけのアップテンポな楽曲たちで、一緒に騒いで熱く盛り上がれるLIVEにしたいと思っています!!まだ私のLIVEに来たことがない方にも、ぜひ来年の春、キラクに遊びに来て頂けたら嬉しいですね。」

勢いが止まらない倉木の国内外の活躍からまだまだ目が離せそうにない。

倉木麻衣 “Time After Time” 中国ライブツアー セットリスト
M1. Stand Up
M2. 一秒ごとに Love for you
M3. Feel fine!
M4. Secret of my heart
M5. Reach for the sky
M6. Stay by my side
M7. Time after time 〜花舞う街で〜
M8. Your Best Friend
M9. Tonight, I feel close to you
M10. 儚さ
M11. chance for you(中国語ver.)
M12. STAND BY YOU(中国語ver.)
M13. BE WITH U
M14. SUMMER TIME GONE
M15. Born to be Free(中国語ver.)
M16. Revive
M17. ラララ*ラ
M18. touch me!
M19. PUZZLE
M20. FUTURE KISS
M21. 無敵なハート

EN1. Love, Day After Tomorrow
EN2. Serendipity
EN3. Wake me up
EN4. always

ツアー情報
Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”
2017年3月18日(土)千葉/成田国際文化会館 大ホール

2017年3月20日(月・祝)福岡/福岡国際会議場 メインホール
2017年3月25日(土)愛知/愛知県芸術劇場 大ホール
2017年3月26日(日)大阪/大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール
2017年4月2日(日)東京/東京国際フォーラム ホールA

関連リンク

■倉木麻衣 Official Sitehttp://www.mai-kuraki.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP