ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢男性の一人暮らし うつ状態になる割合は17.7%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 収入も健康に大きな影響を与えることをリポートした『NHKスペシャル 私たちのこれから「健康格差 あなたに忍び寄る危機」』(以下、『Nスペ』)が9月19日に放送され、大きな話題を呼んでいる。

『Nスペ』では本人の所得や雇用状態に重点を置いていたが、健康格差を生み出す要因は他にもある。まずは家族構成だ。

 独身男性は既婚男性に比べて平均寿命が短いとのデータがある。国立社会保障・人口問題研究所の試算によれば、40歳時点で既婚者と未婚者の平均余命を比較したところ、未婚者のほうが8年以上も短かった(1995年のデータ)。NPO法人「ほっとプラス」代表理事の藤田孝典氏が指摘する。

「独身者の場合、家庭のなかに栄養状態を管理する人がおらず、簡単かつ安価に食事をすませようとする。偏食が常態化してしまい、生活習慣病になるケースが多い」

 男性では低所得層ほど未婚率が高く、これも死亡率の高さと関係があるという。

 また、独身で一人暮らしを続けていると、うつ病リスクが上がるとも考えられる。『健康格差社会』(医学書院刊)の著者で千葉大学予防医学センター教授、国立長寿医療研究センター部長の近藤克則氏はこんなデータの存在を紹介する。

「夫婦と子供が同居している世帯の高齢男性の場合、うつ状態になる割合は5.5%ですが、それが一人暮らしとなると17.7%と、3倍以上に跳ね上がるのです。一人暮らしだと気楽なように見えて、やはり孤独を感じやすいのでしょう」

 生まれ育った家庭の環境でも、病気にかかるリスクの高さは変わってくる。

「貧困家庭の子供は、親からのケアが行き届かなかったり、胎児期・幼児期に栄養失調に陥りやすいと考えられます。栄養失調はインスリン分泌不全などを引き起こし、大人になってからの肥満や糖尿病リスクを高めてしまう」(近藤氏)

 住んでいる場所によっても、違いが生まれるという指摘がある。

「実はうつ状態の人は、都市部より田舎に多い。ストレス解消につながる運動量の違いをみてみると、都市部では公共交通機関が発達しているので、その合間に歩く機会が多いのですが、田舎では目的地まで直接車で移動する。そのため田舎に住む人のほうが運動不足に陥りやすいと考えられます」(近藤氏)

 塩分の多い食事や、飲酒を好む人が多い秋田県が胃がんや食道がん罹患率が全国で最も高いように、習慣の違いが疾病リスクの差を生み、“どんな最期を迎えられるか”を左右するのだ。

※週刊ポスト2016年10月7日号

【関連記事】
低所得者は高所得者に比べて転びやすく骨折も多い
がんなどの死亡率が高い秋田 「塩分摂取」「井戸水」も要因か
寿命が延びた長野 60年代から始めた「一部屋暖房運動」が奏功

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP