ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC製タブレット・スマホの日本評価と買取相場を一挙紹介

  • ガジェット通信を≫

スマートフォンを使われている人だったら「HTC」というロゴを見たことがあるかもしれませんが、“エイチ・ティー・シー”と聞いても日本ではあまり馴染みがありません。中には日立(HITACHI)と勘違いされることもある「HTC」とはどういうメーカーなのか? HTCのスマホ・タブレットの魅力や評判について徹底解説していきます。

HTCとは?

HITACHIの略語だと勘違いしている人もいますが、HTCは台湾の台北市を拠点とするスマホやPDAのメーカーで、以前は「High Tec Computer」という社名でした。世界的なシェアは日本のメーカーよりも広く、新しいアイデアを形にしています。より使いやすいスマートフォンの開発を行い、ハイスペックで画質も美しく、音質やレスポンスの良さでは定評があります。

近年、HTCスマホはWindows モバイルからAndroidへとシフトし、スマホ市場を牽引してきました。しかし、サムスンの業績拡大に伴って、劣勢へと転じています。

日本での評価

ユーザー満足度1位

「HTC」のスマホは、日本ではauユーザーにはお馴染みのモデルです。もしかすると、タブレットのGoogle「nexus9」がHTC製だということをご存知ない方も多いかもしれませんね。
これらの製品を実際に使用しているユーザーの評価が高く、スマホに関するアンケート調査によると、HTC社製の『J One HTL22』が満足度でトップとなっています。

「高嶺の花」は過去の話

スマホに詳しい人たちからは、以前だったらHTC製は高嶺の花。海外製の高性能スマホの代名詞的な存在でした。ところが、近年のスマホショップの店頭を見てみると、WiMAX搭載の「HTC EVO」は安売り状態、「EVO 3D」もMNPで0円など、高級感を感じさせない扱いとなっています。また、「HTC Desire HD」も特売価格で売り出されるなど、人気がないんだろうな…と感じさせる光景は、HTCファンにとっては少々不満かもしれませんね。

日本人好みではない

日本人に受け入れられやすいコンパクトでスマートなスタイルとは反対に、HTC製はストイックなデザインとずっしりとした重量感。使いづらいとまでは行かなくとも、端末をおしゃれに扱いたいユーザー層には敬遠されがちなスタイルです。
日本で今ひとつ人気が出ない理由は他にも色々ありますが、HTC社が日本市場をターゲットとしてあまり意識せず、欧米に向けた製品展開をしているのではないかと言われています。

ヘビーユーザー向け

ライバルの「サムスン」は、ワンセグ対応やおサイフケータイなど、日本市場を意識した機能を搭載し、販売ランキングでも大健闘を見せています。HTCも日本向けの機能を“検討している”としながら、進化している様子はありません。とは言え、もともとハイスペックな製品であることから、今もマニア層からは絶大に支持を受け続けています。

HTCの人気モデル買取価格相場

気になるHTC製のタブレットとスマホの買取価格を「ウリドキ」を使って調べてみました。

タブレット

残念ながら、タブレットの買取相場はすべて「問い合わせ」となっていて公開されていませんでした。
ちなみに、他買取店が公開している買取実績を検索してみると・・

●SmarKet  
32GB LTEモデル  未使用16,200円 / 中古9,200~14,700円
16GB Wi-Fiモデル 未使用13,900円 / 中古8,000~12,600円
●モバックス
32GB Wi-Fiモデル 新品未開封品  33,000円
16GB Wi-Fiモデル 中古   20,000円
●コムショップ
16GB  18,000円
32GB  20,000円

スマートフォン

HTC J ISW13HT HTI13   3,300~8,000円
HTC J butterfly HTL21   700~7,000円
HTC J butterfly HTL23   10,100~22,000円
HTC J butterfly HTV31   5,000~21,000円
HTC J butterfly HTV32    ~28,900円
HTC J One HTL22   4,000~12,000円
INFOBAR A02 HTX21   1,500~4,200円
EVO WiMAX ISW11HT HTI11    2,000~3,000円
Desire 626[SIMフリー]   8,700~10,100円
Desire EYE[SIMフリー]    16,700~23,100円
※買取価格は記事作成時(2016/09/29)のものです。

スマホやタブレットの買取相場は変動が早く、数日遅れるだけで値段が大幅に変わってしまうことも。これから買取を検討している人は、最新の買取情報を検索することをおすすめします。

ウリドキで最新のHTC スマホ・タブレットの買取価格を調べる

HTC 高価買取店紹介

カウモバイル

関西をメインに、大阪・京都・神戸・岡山・岐阜・北海道に実店舗を持つカウモバイル。画面割れ・水没・IDROCK・動作不良などのジャンク品も買取OK、支払い中の端末、支払いが滞った赤ロムの買取にも対応しています。スマホ買取で不安なデータ消去は、専用ソフト「Blancco」を導入し、端末をリセットしても消せないデータも確実に完全削除します。

SmarKet

ゲームの販売・買取でお馴染みのゲオが運営するSmarKet。ウェブサイトから最新の買取相場が検索できて、ウェブ限定の高価買取を実施しています。買取方法は「宅配買取」のみで、申込から入金確認まで全て自宅に居ながら完了。査定後の振込も最短翌日のスピード対応です。
商品を送る際の送料・代金の振込手数料は無料、買取キャンセル時の返送料は自己負担になります。また、動作不良・水濡れなどのスマホ・タブレットの買取は不可です。

まとめ

HTCのタブレットと言われてもピンと来ない人も「Google nexus9」というとわかる人は多いはず。iPadと比較すると価格的にも入手しやすく、特にauユーザーは「HTC」のロゴは店頭でお馴染みだと思います。

数年前までタブレット人気は上昇する一方でしたが、スマホの画面が大きくなるに従って、需要は下降気味。手元にすっかり使わなくなったタブレットがあれば、早めに査定に出すことをおすすめします。デジタル機器の買取査定は変動が激しく、思いついた時がウリドキですよ!

⇒今すぐウリドキで買取価格を比較する

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP