体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その発想が欲しかった! 明太子といえばご飯でしょ!【博多】

f:id:mesitsu_lb:20160822142612j:plain

博多土産のトップに上げられる名物・明太子。

味といい、食感といい、これ以上の“ご飯の友”は他にないと言っても過言ではない。

にも関わらず、お土産として明太子を売っている名店は山ほどあっても、実際にコレでご飯を食べたいと思っても、「明太子+ご飯」というシンプルなメニューを出しているところは宿の朝食などを除けはほぼ皆無……だった。

プチプチぴり辛の明太子でご飯を食べたい! そんな単純なリクエストに応えてくれたのが2010年にオープンしたこのお店、その名も「元祖博多めんたい重」だ。

f:id:mesitsu_lb:20160817140944j:plain

福岡一の繁華街・天神と歓楽街・中洲の間の西中洲にある「元祖博多めんたい重」の店舗。

なんでも、このお店はかつて中洲にあった某大手企業専属の料亭で出されていた「めんたい重」を再現しているのだとか。明太子を漬ける調味だれはもちろん、ご飯にかける特製のかけだれや昆布を巻いた明太子など、当時の料理長がこれでもかと言わんばかりにうま味を追求した「めんたい重」を食べられるのだ。

f:id:mesitsu_lb:20160817141018j:plain

1階は和の落ち着いた雰囲気。

f:id:mesitsu_lb:20160817141035j:plain

2階のカウンター席は隣接する天神中央公園を望む特等席だ。

メニューは「元祖博多めんたい重」をはじめとする明太子料理におきうと、ゴマ鯖(サバ)などの福岡の郷土料理がいくつか。「めんたい煮込みつけ麺」1,680円なる濃厚そうなつけ麺もあるが、今回はシンプルに「明太子でご飯」を楽しむために、「元祖博多めんたい重」と明太子の吸い物「めんたい吸」の「飯吸セット」2,280円と明太子だれを使った漬物「めんたい漬け」をオーダー。

f:id:mesitsu_lb:20160817141055j:plain

「飯吸セット」に「めんたい漬け」をつけると、「めんたい漬け」単品580円が480円になる。

白い陶器の重箱に入った「元祖博多めんたい重」は、海苔を敷き詰めたご飯の上に昆布巻きの辛子明太子が1本(半腹)ど〜ん! 明太子は辛さよりもうま味を重視しているようで、たっぷりのうま味がご飯に合う合う。昆布や白ゴマは明太子の食感を邪魔することなく、さりげなくうま味をサポートしている。さらに、ご飯に染みている特製かけだれのうま味。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。