ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョージ・マイケル、名盤AL25周年を記念して「フリーダム!’90」最新MVを制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジョージ・マイケルが1990年に発表した傑作アルバム『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス Vol.1』が、このたび25周年記念盤としてソニー・ミュージックより、近日リリースされることが先日明らかとなり、リリースを記念して「フリーダム’90」を2016年版にアップデートしたMVを制作し話題となっている。

 この2016年版MVでは、ヴォーグがインスタグラムとのコラボレーションにより、「フリーダム’90」を2016年版にアップデート。今回のMVでは、アドリアナ・リマ、ジョアン・スモールズ、アナ・イワーズ、イリーナ・シェイク、テイラー・ヒルら11人の次世代スーパーモデルたちが、2017年春季コレクションのランウェイを彩ったベスト・ルックに身を包み、ジョージ・マイケルの歌声に合わせてリップシンクしながら、ランウェイからそのまま飛び出してきたようないでたちでNYのストリートに繰り出すというもの。
 
 「フリーダム!’90」は、から、1990年10月にリリースされた、アルバム『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』のアイコンの一つとも言える3rdシングル。常に注目を浴び続ける“24時間ポップ・スター”になる事を望んでいなかったジョージは、アルバム・ジャケットに自分の姿を出さないと決め、大々的なアルバムのプロモーション活動を行わなかった代わりに、当時地球上で最も有名な5人のスーパーモデル、シンディ・クロフォード、ナオミ・キャンベル、リンダ・エヴァンジェリスタ、クリスティ・ターリントン、タチアナ・パティッツが出演し、ジョージの歌声でリップシンク=口パクするという画期的なミュージック・ビデオを発表した。

 デヴィッド・フィンチャーが監督を、スタイリングをカミラ・ニッカーソンが務めたそのビデオは、ファッションmeetsポップ・カルチャーの歴史の中で忘れられないアイコンとなった。このたび、「フリーダム!’90」のアニバーサリーを、あのアイコニックなビデオのアップデート・ヴァージョンでセレブレイトし敬意を表するというコンセプトで、今作の撮影は行われた。

 更に25周年記念盤のリリースを祝い、チャンネル4、BBCワールドワイドがソニー・ミュージックと共同で最新ドキュメンタリー『Freedom:George Michael』を制作したことも明らかになった。同ドキュメンタリーは、ジョージ・マイケル本人がナレーションを担当した、心を打つドラマティックな映像作品。出演者にはスティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョン、マーク・ロンソン、リアム・ギャラガー、メアリー・J・ブライジ、トニー・ベネット、ジェームズ・コーデン、リッキー・ジャーヴェイスらの他、「フリーダム!’90」のミュージック・ビデオに出演したスーパーモデルたち(ナオミ・キャンベル、クリスティーターリングトン、シンディ・クロフォード、タチアナ・パティッツ、リンダ・エヴァンジェリスタ)などが顔を揃えており、BBCワールドワイドは、この作品を世界各国のクライアントや放送局に提供する予定で、USではShowtimeチャンネルにてプレミアが行われる。

 なお、25周年記念盤の発売日やドキュメンタリー・プレミアの詳細に関しては追って発表される。

◎リリース情報
ジョージ・マイケル
『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス25周年記念盤』デラックス・エディション
<4枚組:3CD+DVD(2000セットの完全生産限定盤)>
パッケージ仕様:リジッド三方背スリーヴBOX仕様(21cm×21cm)
豪華装丁40Pハードカヴァー・ブック
<収録内容>
DISC1:オリジナル・アルバム:2016年デジタル・リマスター (日本盤のみBlu-SpecCD2仕様)
DISC2:MTVアンプラグド(公式初CD化):2016年デジタル・リマスター (日本盤のみBlu-SpecCD2仕様)
DISC3:レア・トラックス:2016年デジタル・リマスター (日本盤のみBlu-SpecCD2仕様)
DISC4:DVD:約70分
<日本盤のみの追加仕様>
高品質ブルースペックCD2仕様(DISC1~3)
日本語字幕付き(DISC4ドキュメンタリー)
日本語ブックレット(歌詞・対訳・解説)
英文ブックレット翻訳、ほか

『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス25周年記念盤』スタンダード・エディション
<2枚組:2CD(DX盤のDISC1とDISC2のみ)>(1年間の期間生産限定盤)
同時発売

関連記事リンク(外部サイト)

アデルがジョージ・マイケル姿に男装しファンへ感謝!?
ジョージ・マイケル 春に新作アルバム発売へ
ジョージ・マイケルが大事故から生還。驚きの自動車事故歴

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP