体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Cygamesが「グランブルーファンタジー」をネイティブではなく、ブラウザベースで開発した理由

ひとつのゲームタイトルに関わるのは約100人!

きゃんち:今日は「グランブルーファンタジー」を開発しているCygamesさんに、増井さんと取材に来ました!

いま話題の「グラブル」がどのように開発されているのか、開発に深く関わっているお二人にお話を聞けるので、わくわくしています。

▲きゃんちこと喜屋武ちあきさん、株式会社トレタCTO 増井雄一郎さん

今回お話をしてくれたのは、CTOの芦原栄登士さん、「グランブルーファンタジー」開発チームのエンジニアリーダー、高橋満さんです。

きゃんち:まずは、お二人の自己紹介からお願いできますか?

芦原:取締役CTOの芦原です。開発部門、研究部門やインフラなどの技術分野全般を統括しています。入社前は、新卒の頃からずっとコンシューマゲーム業界でエンジニアをしていて、前職では弊社の代表と常務と一緒のチームで開発をしていました。

▲株式会社Cygamesの取締役CTO、芦原栄登士さん

エンジニアの統括役は他の会社でも務めたことがありますが、Cygamesほど急激に組織の規模が大きくなったことはないですね。現在はスタッフ数も1,200人を超えていて、エンジニアだけでも300人以上が在籍しています。

高橋:「グランブルーファンタジー」のエンジニアチームのリーダーをしています、高橋満です。グラブルは開発初期から携わっていて、当時は開発もしていましたが、現在はチームのマネジメント業務がメインです。

▲株式会社Cygames ゲームエンジニア/サーバサイド 高橋満さん

増井:Cygamesさんでは多数のタイトルを開発していると聞きましたが、1タイトル当たりどれぐらいの人数で開発しているんですか?

芦原:1タイトルあたりのエンジニアの人数は、開発初期でまだメンバーが少ない場合で3~4人、そこからリリース、運用にかけて人が増え、多いチームだと40人くらいになることもあります。

高橋:エンジニア以外のプランナーやデザイナーも含めると、ひとつのタイトルだけで100人程度のスタッフが関わることもあります。

きゃんち:1タイトルで100名!すごい数のスタッフさんが関わっているんですね。

増井:それだけ大所帯だと情報共有も大変そうですね。

芦原:そうですね。技術やノウハウの共有のために、様々な工夫をしています。たとえば、各タイトルのエンジニアリーダーを集めたミーティングを毎日実施して、それぞれで起こった問題やその解決策を共有・相談していますね。「グラブル」は独自のゲームエンジンを使っているので少し違いますが、弊社のタイトルは「神撃のバハムート」をベースとして開発しているタイトルが多いので、1つのタイトルで起こった問題は他のタイトルでも起こる可能性があります。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。