体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長年連れ添った夫婦の終焉。準備の時間は充分取れる熟年離婚

長年連れ添った夫婦の終焉。準備の時間は充分取れる熟年離婚

 熟年離婚は年々増加傾向にあり、最近では「熟年離婚」はもはや珍しいものではなく、ごく身近なものになりつつあります。増加の理由として、団塊の世代が退職ラッシュを迎え、その妻が夫の退職と同時に主婦業を卒業しようとしたこと、さらに2007年から始まった離婚時の年金分割制度があげられるそうです。
 身近だけど実はあまり知られていない、熟年離婚にまつわる現状や、制度等について見ていきたいと思います。

熟年離婚の実情

 熟年離婚については明確な定義はありません。長い婚姻期間の末に離婚することを指すと言われおり、この場合の「長い」については一般的には20年と考えられています。
 熟年者の離婚、と混同している方もいますが、65歳で離婚したとしても婚姻期間が20年経過していないような場合は熟年離婚には当たりません。
 また、籍が入っているだけで、別居していた夫婦の離婚については、婚姻期間が20年を超えていたとしても熟年離婚にはあたらないと考えられているようです。

 熟年離婚の割合については、厚生労働省が発表している「離婚に関する統計」が参考になります。
 離婚に占める同居期間が20年以上の割合は、平成20年には16.5%となっています。平成20年の離婚件数は約25万組ですので、熟年離婚件数は4万組強と考えられます。
 ただ、離婚件数自体は2003年を境に一旦減少傾向になってはいるものの、その後、年金分割制度が導入されたことにより(これについては後ほど述べます)、1年あたりの熟年離婚件数はさらに増加している可能性があります。

 では熟年離婚をする原因は何でしょうか?
 原因としては、価値観の違い、相手の実家との関係、浪費や借金、精神的・肉体的虐待、相手の不貞行為、などが主なものとして挙げられることが多いようです。しかし、これらの理由については、熟年離婚に限ったものではありません。

 熟年離婚特有のものとしては、最初でも述べましたが、第一次ベビーブームの頃に生まれた世代、いわゆる団塊の世代は、当時の好景気を背景に、「夫は家で稼ぎ、妻は家庭を守る」という考えのもと家庭を築きあげていました。
 「モーレツ社員」「企業戦士」という言葉が流行ったのもこの世代で、夫は仕事中心、家庭のことは妻に任せきり、という生活を定年退職まで続けることで、妻の日頃の不満が定年退職をきっかけに爆発して離婚に至る、というケースが多かったようです。
 これは上記の価値観の違いにも該当しますが、長年のコミュニケーション不足、という特有の理由ということが出来そうです。

熟年離婚を避けたい人が心がけておくべきこと

 「上の熟年離婚の原因に心あたりがある・・・しかし離婚は回避したい」という方もいらっしゃるのではないかと思います。この場合、どうすればよいでしょうか?
 不貞や、浪費・借金、精神的・肉体的虐待等については該当する行為を即刻やめるのが当然です。
 ここでは「価値観の違い」や「長年のコミュニケーション不足」の解消方法について考えてみたいと思います。

 「価値観の違い」から夫婦仲が険悪になるのは、それぞれが自分の考え方に固執してしまうからだそうです。「◯◯は妻が(夫が)すべき(だから俺は(私は)関係ない)」「記念日はこういうふうに祝わなければならない」「子育てはこうあるべき」など。
 月並みですが、自分の固執している考え方を一旦捨ててみて、冷静になって見直してみると「どちらがやっても良かった」「どんな祝い方だって問題ない」と思えてくるようになるそうです。

1 2 3次のページ
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会