ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「不良の高齢者」を自任する火野正平という生き方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在は、視聴者から寄せられた手紙とともに日本各地を自転車で旅するドキュメンタリー『にっぽん縦断 こころ旅』(NHK BSプレミアム)で、自然体の人柄が人気を集めている火野正平(67)。

 子役としてデビューした火野正平の名前を最初に世に知らしめたのは、24歳で演じたNHK大河ドラマ『国盗り物語』の羽柴秀吉役だ。続いて『新・必殺仕置人』のレギュラーを得て、役者としての地歩を固めていく。しかし、その頃から女性スキャンダルが報じられるようになる。艶聞が噴き出したのだ。

「そんな状況の中で俺は、なんで芸能評論家に『すみませんでした』って謝らなきゃならんのかと思ってた。私生活にぶつぶつぬかすな、と。ただ、記事が書かれたことで仕事が減ったりするのはしようがないとも思ってた。

 でもね、役者って、1年間仕事しなくても、次に何かいい仕事をすれば、ずっと役者でいられるわけよ。だから、仕事が半年なかろうが、1年なかろうが、そんなに簡単に俺を捨てられへんやろとどこかで思ってた。仕事が来たらおもろいお芝居見せてあげるのに、という自信もどこかにあった」

 事実、スキャンダルの嵐が収まると、火野のもとにぽつりぽつりと仕事が戻ってくる。そんな中、火野の芝居の軸となったのは、『長七郎江戸日記』をはじめとする時代劇だった。火野らしい軽妙で、憎めない役が多かった。

「悪い役も随分やったけど、どこか救われるようなところがあったり、犯人の悲しみみたいなものを出せたらいいな、と思って演じてきた。どんな悪党でもちょっと許せるところがある、湿っぽかったらちょっと笑わせる、そんな役回りをずっとやってきた」

 刑事ドラマやサスペンスに出演しながらも、火野はいまも時代劇を切望している。が、時代の変化も痛感する。

「この頃のプロデューサーはヒーローをつくらないんだよな。時代劇には、これまで必ず時代時代のヒーローがいたんだよ。古くは三匹の侍がいたり、木枯し紋次郎や中村主水が出てきたり。アウトロー的なヒーローだよね。そういう格好いいヒーローのドラマなら、いくらでも出演したいんだけど」

 火野は、「不良の高齢者」を自任している。

「撮影所に入っていくときに、おっかながられなきゃ嫌なんだよ。あいつ、怖いぞと思われてなきゃ。どんなにヘラヘラしていても、あいつ、ちょっといじったらうるさいぞと思われる存在。俺はいつまでたっても男の子なんだな。それはジジィになっても同じ。そういう不良でいたいと思う」

 火野の「不良ぶり」は、たとえば、何十年も変わらずハイライトを吸い続け、減らしたとはいえ、いまなお1日3箱吸っているということからもわかる。撮影中のVシネマ『裏門釈放』の現場でも、カットの合間に路上に出てきては、うまそうに一服しながら、台本に目を通していた。

「いままでどれくらいタバコを吸ってきたんだろうと計算したら、110万本って出た。俺は50年間、110万回もこうやって火をつけてきたんだよ。ハイライトをこれだけ吸ったというのは、世界記録なんじゃないか(笑い)」

 麻雀も切らしたことがない。

「いまでもお昼にスタートして、朝までやる。徹夜じゃないとやった気がしないメンバーで。でも、昔は72時間ぶっ通しでやってたからね(笑い)」

 タバコと麻雀が最高のストレス解消法という「不良高齢者」なのだ。

「でも俺、役者人生の中で身体の調子が悪くなって仕事を休んだことはないんだよ。それは、丈夫に産んでくれたお袋に感謝している。自転車旅でも、しんどいからという理由で休んだことはないしね」

 そんな火野からは、凄い役をとってやろうとか、何が何でも主役を、という欲が見えてこない。1本1本の芝居に対しては真剣なのだが、あくまでも自分のスタイルは崩さず、どこか恬淡ですらあるのだ。だから、タバコも麻雀も少し減らしはしたものの止めることはないし、自分のペースで走れる自転車旅も続くのだろう。

 火野は、最近、ある女優からこう言われたという。

「正平さんって、いつ撮影所に入って、いつ帰って、いつ芝居したのか、よくわかんないうちに終わっているよね」

 それはまさに、火野自身が理想とする役者のあり方だった。どこまでも渋くて粋な男なのである。

◆ひの・しょうへい:1949年、東京都生まれ。12歳から劇団「こまどり」に所属し、ドラマ『少年探偵団』などで活躍。1973年、大河ドラマ『国盗り物語』の秀吉役で注目を浴び、テレビ・映画に多数出演。主なドラマ出演は『新・必殺仕置人』『長七郎江戸日記』『警視庁南平班~七人の刑事~』『池波正太郎時代劇スペシャル 顔』など。2011年に始まった『にっぽん縦断 こころ旅』では旅人を務め、自然体の人柄で人気を集めている。

撮影■恵原祐二 取材・文■一志治夫

※週刊ポスト2016年10月7日号

【関連記事】
火野正平 視聴率気にしての打ち切りを「哀しい時代」と表現
火野正平に憧れおじさん スキンヘッドでママチャリ乗り回す
火野正平 いい演技も見た目も人は飽きる、役者は商品なんだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP