ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャップリンが亡くなるまで生きたヴヴェイの町 / 湖にフォークが刺さる街

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロンドン生まれの喜劇王・チャップリンが、終の住処に選んだ町ヴヴェイVevey(スイス)。プロムナードに建つチャップリンの銅像へ足を運ぶと、その目の前の湖には、フォークが刺さっていた。

・シャッターを切らずにはいられない
全長5mほどだろうか。巨大フォークが垂直に湖を刺す光景を前に、おじいさんおばあさんもカメラを向ける。ここに設置されたスマートフォン専用のパネル越しには。遮るものなくフォトジェニックな一枚を撮れる。

雄大なレマン湖にフォークを突き刺したのは、食品会社ネスレ(Nestlé)。ヴヴェイにはネスレ本社のほか、ネスレが運営する“食”がテーマのミュージアム「アリマンタリウム(Alimentarium)」があり、その前に広がる湖にこのオブジェがそびえ立つ。






・フォーク×チャップリン! 異色のコラボ
フォークとチャップリンは言うまでもなくこの町のランドマーク。実はこの二つは、チャップリン作品『黄金狂時代』ですでに共演していたのだ。

湖とフォーク。サプライズな組み合わせに抱くワクワクは、チャップリン作品を鑑賞中の高揚感にどこか似ていた。

もっと詳しく読む: チャップリンが亡くなるまで生きたヴヴェイの町 / 湖にフォークが刺さる街(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/09/29/chaplin-folk/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP