ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

続々登場!九州の2016年ニューオープン&リニューアル日帰り温泉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

九州といえば「温泉天国」ゆえに、ニューオープン&リニューアルの温泉施設が今年も続々登場しています!

今回は、嬉野、別府、黒川、玉名と、特徴の異なる人気温泉地から、とっておきの新しいお風呂をピックアップしてご紹介。

加水なし・贅沢な源泉100%の美肌温泉や、滑り台が付いた子どもも大喜びの家族風呂など…それぞれ魅力の異なる4タイプです。

ピカピカの新しい温泉施設に、ぜひ足を運んでみてください♪

日帰り温泉 百年の湯【佐賀県嬉野市】

自慢の「日本三大美肌の湯」源泉を加水なしで100%使用。

食事処「百年亭」や癒し処「湯美庵(ゆびあん)」も新設

2016年7月オープン

旧元湯温泉が「日帰り温泉『百年の湯』」として生まれ変わった!嬉野の元湯の源泉を持つこちらでは、97℃にも達するお湯を安易に加水せず、適温まで自然に冷まして使用。贅沢な源泉100%のお湯でピカピカにお肌磨きを♪

温泉データ

[料金]大人550円、小学生以下250円 ※土日祝 大人650円、小学生以下300円

[定休日]第4水(祝日の場合、変更あり)

[営業時間]9時~22時

[タオル]フェイスタオル販売160円、バスタオル販売550円 日帰り温泉 百年の湯

TEL/0954-20-2525

住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-8

アクセス/長崎道嬉野ICより3分

駐車場/50台(第二駐車場含む)

「日帰り温泉 百年の湯」の詳細はこちら

湯山の里 和さび人【大分県別府市】

大自然に囲まれた別府に珍しいサンドバスが登場!

貸切の露天は石風呂。お湯はpH2.7の酸性泉

セラミックスサンドを使った珍しいバス

2016年1月オープン

サンドバス、露天風呂、岩盤浴をセットで楽しむ施設。サンドバスとは、天然鉱石をベースに加工されたセラミックスの中に全身を埋める、いわば最新版砂湯。遠赤外線によって血行がよくなるとか。HPから予約が必要。

温泉データ

[料金]1人40分3000円 ※2人の場合75分で1人3000円

[定休日]不定

[営業時間]9時~19時30分(最終受付18時20分

[タオル]フェイスタオルレンタル無料 湯山の里 和さび人(わさびじん)

TEL/0977-85-8824

住所/大分県別府市湯山2組

アクセス/大分道別府湾スマートICより5分

駐車場/4台

「湯山の里 和さび人」の詳細はこちら

~純乃時~湯願【熊本県玉名市】

1300余年の歴史ある玉名温泉に感謝と願いを込めてネーミング。

滑り台付きの露天風呂「こなら」は子どもに大人気

2015年9月オープン

温泉街の小高い丘にあり、趣の異なる家族風呂が全11室。純和風の戸建で、自然石を使った露天や、寝湯や滑り台が付いた露天もあるので、どの世代でも好きなお風呂が見つかるはず♪肌すべりの良いお湯で疲れを癒そう。

温泉データ

[料金]1室60分1900円~2600円

[定休日]なし

[営業時間]平日/12時~2時(最終受付23時)、土日祝/10時~翌2時(最終受付翌1時)

[タオル]フェイスタオル販売200円 ~純乃時~湯願(じゅんのとき ゆがん)

TEL/0968-73-1126

住所/熊本県玉名市岩崎字高津原355

アクセス/九州道菊水ICより20分

駐車場/22台

「~純乃時~湯願」の詳細はこちら

彩もみぢ【熊本県南小国町】

震災から約5カ月ぶりに復興 今こそ、黒川へGO!

小国の山々に囲まれた大浴場の露天(写真は女湯)

2016年9月リニューアル

4月の熊本地震で建物の一部が破損したが、復旧工事の末、再開業へとこぎつけた。営業は温泉、食事処(11時~14時LO)ともにお昼のみとなったが、もちろんクオリティはそのまま。自慢の湯を、食事をご堪能あれ!

温泉データ

[料金]大浴場500円

[定休日]月

[営業時間]11時~17時(最終受付16時)

[タオル]フェイスタオル販売200円、バスタオル販売500円 彩もみぢ(いろもみぢ)

TEL/0967-44-0210

住所/熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6777

アクセス/大分道九重ICより45分

駐車場/15台

「彩もみぢ」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

深まる秋には家族でおでかけ!宮城の秋を家族で満喫できるおすすめスポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP