ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

先生によって薬も治り方も全然違う…!乳児の「アトピー性皮膚炎」との付き合い方 byたら実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回エピソード:アトピーで広がる湿疹と傷。皮膚科選びを間違えた結果、薬漬けの赤ちゃんに!? by たら実

最終的に三軒目で息子に合った皮膚科に出会う事ができました。

一歳八か月現在、

ごわごわしていた肌はもちもち柔らかくなり、

掻き毟っていた傷はほとんど消え、

夜は朝までぐっすり眠り、

毎日元気いっぱいにお姉ちゃんと笑っている姿が

とてもとても幸せです。

アトピー性皮膚炎は、ここからが長いです。

息子が自分の肌と、上手に付き合って行ける様に

全力でサポートしていきたいと思います…! たら実さんの他エピソード:離乳食、やーめた!「まだ早かったね✩」と休んで、休んで、3ヶ月休んだ結果…byたら実

著者:たら実

年齢:33歳

子どもの年齢:長女3歳、長男9ヶ月

転勤族の夫、やんちゃな娘、甘えん坊で寝ない子な息子とわちゃわちゃな毎日を送っております。ぐーたらオタク主婦です。朝までぐっっっっすり寝ることが最近の夢です(´3ω3`)ノ

4コマブログ「たらたり毎日。」マイペースに更新中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

アトピーで広がる湿疹と傷。皮膚科選びを間違えた結果、薬漬けの赤ちゃんに!? by たら実
イチゴ状血管腫って…?生後間もない赤ちゃんのお腹に突然現れた真っ赤なアザ by 花アキ
虫刺されには早めの対処を! 不思議と効果アリ、「セロテープ」でかゆみストップ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP