体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。それも一日一枚、365日。

クライムムービーの殺気立ったセリフのあとに、ぽっとファンタジーの世界から心に染み入る言葉が突き刺さる。その刺激がなかなかにきもち良くて、どうにもクセになりそう。作品に合わせた書体も見どころ。場面がよみがえってくるはずだから。

01.
『ムーラン・ルージュ』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「人生で知る最高のしあわせ、それは誰かを愛しその人から愛されること」。

02.
『リロ&ステッチ』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「“OHANA”は家族という意味。そして、家族っていうのは誰も置いていかれたり、忘れられたりしないってこと」。

 03.
『ウィリー・ウォンカとチョコレート工場』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「ここは音楽をつくる工場であり、僕らは夢を届けているんだ」。

04.
『プリンセス・ブライド・ストーリー』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「やあ、俺の名前はイニゴ・モントーヤ。よくも父を殺したな。覚悟しな」。

 05.
『ドニー・ダーコ』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「お前は、なんだって人間の着ぐるみなんかを着ているんだい?」

 06.
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「ときに想像し得ない人物が偉業を成し遂げるのよ」。

 07.
『パルプ・フィクション』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

「英語だよクソ野郎、しゃべれねえってのか?」。

 08.
『メリー・ポピンズ』

毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。