体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「老後は本気でポケモンを楽しもうと思う」 お笑い芸人ロバート山本に聞く、ポケモンGOの楽しみ方と意外な良スポット

f:id:ponparemall:20160927183539j:plain

世界中で社会現象を巻き起こしている『ポケモンGO』。

ゲームボーイ全盛期にポケモンを遊んでいた世代から、ポケモンを知らなかった世代までをも巻き込み、街の風景を一変させているこのビッグタイトルについて、5000人ものポケモンの弟子を抱えるロバート山本博さん(テレビ東京 おはスタ ポケモン部 部長)へインタビューを行いました。

スマートフォンで遊ぶポケモンという、まったく新しいこのシリーズを山本さんはどのように遊んでいるのでしょうか?

ロバート山本がポケモンにハマった理由とは?

――山本さんとポケモンとの出会いのきっかけはなんだったのでしょうか?

最初はあくまでお仕事で、ポケモンの番組に出させてもらったんです。もちろんポケモンのことは知っていたんですが、世代ではなかったので「子どもたちが好きなゲームがヒットしてるんだなー」というくらいでした。

でも、仕事をする以上は色々知っておこうとアニメを観始めたり、ゲームを遊んだりしたら、ものすごくおもしろくてハマっちゃって。「そりゃ、これは流行るわ!」と(笑)それから自分でどんどん調べて、ポケモンを知らなかった10年位を取り戻すかのように熱中しましたね。

――ポケモンにハマったポイントはどこでしたか?

世界大会の熱狂ですね。最初は「なんだ? ポケモンの世界大会って?」と、一部の上手なゲーマーの人が集まってやるだけかと思ってたら、子どもたちも参加して、まさにポケモンで遊んでいる人全員が集まって本当にその頂点を決めるみたいな感じで。

もちろん日本だけじゃなく海外の人も参加しますし、ものすごい熱狂しているんですよね。それを見てたら「これはすごい。ポケモンは世界共通言語なんだ」と本当にビックリしましたね。

――バトルの戦略性も魅力ですもんね。

はい、やはりそこが魅力じゃないですかね。

ポケモンってキャラクターはかわいいのに、やってることはめちゃくちゃ戦略的。ポケモンごとに仕事があって、強いと言われているポケモンだけを並べただけじゃダメなんですよね。

強いポケモンを1匹置いて、それをみんなでどうやって盛り立てるかという、そこには自己犠牲が入っています。子どもたちは強いポケモンを4体集めがちなんですけど、それじゃ勝てません。お笑いにも言えることかもしれないのですが、協力して盛り立てていくのが重要。野球で言う送りバントみたいな仕事もあるので、子どもたちには良い勉強になると思いますね。

――ポケモンって奥が深いんですよね。

そうなんです。僕はポケモンの本当の楽しさを老後にとっておいているくらいで。

――老後ですか?

今は仕事をしながら遊んでいますけど、老後に本気でやってやろうと。

今のおじいさんたちが囲碁や将棋にハマっているのと同じですよね。ポケモンサロン作ってやろうと思ってますよ(笑)

――本気ですね(笑) ポケモン世代がおじいさんになる頃には、そうなっててもおかしくないですよね。

そうです。好きだった人たちは離れないと思いますよ。

当然『ポケモンGO』もプレイ中。そのプレイスタイルとは?

f:id:ponparemall:20160927183540j:plain

――『ポケモンGO』はプレイされていますか?

もちろんです。『ポケモンGO』の盛り上がりはヤバいですよね。先日まで、世田谷公園にミニリュウが出るということでものすごい人の数が集まっていましたけど、僕も行きました。

終電終わったから、そこまで混んでないかなと思ってたんですが、夜中の2時くらいなのにたくさんの人がいました。徹夜組なんでしょうね。

1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。