体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた

ヘルシーでおいしいベトナム料理に、フランスのエスプリとアジアンテイストが絶妙にミックスしたファッション雑貨。魅力たっぷりのベトナムに魅了され、「毎月でも通いたい!」という人も多いのではないでしょうか。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

ベトナムは、ラグジュアリーなホテルも比較的リーズナブルな価格で泊まることができるのも魅力。筆者もベトナムに訪れるたびに、「今度はどのホテルに泊まろうか」と思いを巡らせてきました。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

しかし、ついに、とびきりのお気に入りを見つけてしまいました。2015年10月にオープンした、「ホテル・デ・ザール・サイゴン・Mギャラリー by ソフィテル」(Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel)」(以下、Mギャラリー・サイゴン)です。

コロニアルとモダンが融合したエレガントな空間

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

こちらがイケてるポイントは、まずと~ってもエレガントだということ。パブリックスペースも、客室もコロニアルとモダンが絶妙に混ざり合い(モダンコロニアルというやつですね)、ホーチミンという街そのものを体現したかのようです。

■あわせて読みたい
「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク

「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク


世界遺産の古都、ベトナムのホイアンで時間旅行を楽しむ
http://tabizine.jp/2016/06/07/74716/

もともと「Mギャラリー by ソフィテル」というのは、エレガントさと、その土地ならではのテイストにこだわった、フランス系ホテルアコーグループのホテルブランド。つまり、ローカル感としゃれおつ感のいいところ取りができちゃうというわけ。

窓から入る自然光が心地いい!

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

床から天井まで届く大きな窓からたっぷりと光の入る客室は開放感抜群。猫足のバスタブに心ときめく女性も多いのではないでしょうか。フランス系のホテルとあって、客室に用意されていたスイーツも美味でした! 細かい点ですが、ウォシュレット完備というのも日本人にはポイントが高いはず。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。