体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人はバックパックよりも「サブバック」を慎重に選んだ方がいい

旅人はバックパックよりも「サブバック」を慎重に選んだ方がいい

旅に出る前、自分にあったバックパックを見つけるためアウトドアショップを何件もハシゴし、店員さんにいろいろとアドバイスをもらいながら、片っ端に試しに背負って選んだバックパック。コレだ!という旅の相棒に出会えた時は、本当に嬉しく、これからの旅にワクワクしたことを覚えています。

では、「サブバック」は?僕の場合、購入するバックパックが決まった流れで「じゃあ、サブバックはついでにコレでいいね!」という具合に、そのお店にあったものをあまり考えずに購入しました。

しかし実際に旅に出てみると、僕が軽視していたサブバックはバックパック以上に重要な存在だと気付いたのです…。

 

1.大切なものを入れるのはサブバックだった!(安全面)

15561851255_9a1574e76b_b

photo by kodomut

旅の準備をする際に、メインのバックパックに入れるか、サブバックに入れるかの判断基準はその荷物の大きさ、使用頻度、価値、壊れやすさなどで決められると思います。

僕の場合、使用頻度が高いもの、価値が高価なもの、壊れやすいものなどはサブバックに入れています。

例えば、よく使うガイドブックや高価なパソコン、壊れやすいカメラなど。反対にバックパックにはシャンプーや歯磨きなどの必要だけど使う時が決まっているもの、着替えなどのそもそもサブバックには入れれないものが入っています。

 

そうです!大切なものはほとんどサブバックに入っているのです。もしも盗難に遭うようなことがあれば、バックパックよりサブバックの方がショックです!

サブバックもチャック式のものや南京錠が取り付けられるものなど、ある程度しっかりとしたものを選ぶことも大切です。

 

2.旅先で常に持ち歩くのはサブバックだった!(機能・デザイン)

9526573762_de5d04c615_b

photo by Zenspa1

旅先のホテルやゲストハウスに着いたら、重いバックパックは早く自分の部屋に置いて、身軽な状態で街の散策などをしたいもの。

ちょっと出かけるときに必要なものやホテルなどにおいて置くには少し不安な高価なものは、サブバックに入れて持ち歩くことになると思います。

ということは、旅をしている最中に背負っている時間が長いにはバックパックではなく、サブバックになります。

 

そのため、すぐに取り出せるポケットが多いなどの使い勝手の良さはもちろん、長い時間背負っていても肩が痛くならないクッション機能などもバックパックと同じように吟味した方がいいでしょう。

また街の散策などで持ち歩くことが多くなるため、バックパック以上に写真に写ることが多いです。オシャレな旅人はそのデザイン選びも楽しみましょう!

 

3.機内に持ち込むのもサブバックだった!(サイズ)

4778475713_5fc533cf82_b

photo by faungg’s photos

空港で搭乗手続きを行う際に、大きなバックパックは預けます。しかし海外の旅では飛行機の出発が遅れることや、トランジットなどで空港内で長時間過ごすことも。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。