体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方

旅行中、飛行機の乗り換えやヨーロッパ旅行で1日だけパリに滞在することになったという方もいるのではないでしょうか。そんな方々におススメ。1日でパリを制覇する過ごし方をお教えしたいと思います。観光スポットもグルメも美術もショッピングも全て24時間で楽しんでしまいましょう。

朝一番、パリのカフェで朝食を

【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方
パリの朝はクロワッサンにコーヒーまた紅茶で始めましょう。パリのカフェはモーニングがあるところが多いです。焼きたてのパンに美味しい飲み物。これぞパリの朝の醍醐味です。

■あわせて読みたい
朝からパリジェンヌ気分。日本でも食べられる本格フレンチな朝食のお店
http://tabizine.jp/2015/11/11/49216/

オランジュリー美術館

【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方
(C)Musée de l’orangerie/Facebook

パリの美術館は混むところが多いので、開館と同時に行きましょう。芸術の都パリには美術館が多くありますが、在住者のおススメはオランジュリー美術館。オランジュリー美術館の近代美術コレクションはどれも見応えがあるものばかり。とりわけモネの睡蓮は圧巻でいつまでも眺めていたくなるほど引き込まれる魅力があります。ルノワール、ユトリロ、マリーローランサンやモディリアーニなどパリのベルエポックに活躍した画家たちの絵画を一斉に鑑賞できるのは至宝のひとときです。

[オランジュリー美術館]

ランチにおススメしたいのはルコントワール/Le Comptoir

【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方
(C)Nanako Kitagawa

オデオン駅にあるルコントワールは予約がなかなか取れないレストランとしてパリジャンに大人気。しかしランチは予約なしで入ることができるのです。ルコントワールではフランスのクラシックなビストロのレシピに独自のエッセンスを加えた新しいフランス料理を味わえることができます。また素材そのものがいいものが使われているので、野菜なんかは新鮮そのもの。素材の旨味がしっかり感じられるのも嬉しいですね。

[ルコントワール/Le Comptoir]

フランスの公園を楽しもうリュクサンブール公園

【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方
昼食のあとは、散歩がてら公園に行ってみましょう。リュクサンブール公園はルコントワールからも近く、徒歩で向かうにはちょうど良い距離。リュクサンブール公園ではフランスならではの芸術的な庭園を楽しむことができます。のんびりとパリの公園の雰囲気に浸ってみましょう。

■あわせて読みたい
まるでパリジェンヌ気分!秋の「リュクサンブール公園」
http://tabizine.jp/2013/10/21/1453/

北マレでショッピングとカフェ

【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方
(C)Merci/Facebook

お洒落なパリジャンの間で熱いショッピングエリアといえば北マレ。セレクトショップ「メルシー」を筆頭として、個性的なアパレルショップや雑貨屋があります。この地域にはお洒落なカフェも多く、日本でも人気のある「ローズベーカリー」や以前TABIZINEでも紹介された「Nanashi」もありますよ。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。