ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なかなか痩せない……それなら体温をチェックしてみて!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日食事を控えめにしているのに、なかなか痩せないのはなぜ?体質なのかしら……と諦めるのは早いかもしれません。ひょっとしたらあなたの体温、低めではありませんか。低体温になると代謝量が落ちて、脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。驚くことに、毎日の食事の量が足りていないと、身体の熱量が不足し低体温を引き起こすこともあります。これではダイエットで身体が太っていってしまう……結果が逆になってしまいますね。

体温が下がってしまうのはなぜ??

低体温とは平均体温が36度以下のことをいいます。50年前の日本人の平均体温は36,89度であったのに対し、現在は36,20度。0,7度も下がっています。この0,7度という体温差、軽くみてはいけません。なぜなら体温が1度下がると免疫力が30%下がってしまうからです。さらに最近では。生活環境の変化から低体温の方が増えています。低体温になる原因は主に次の3つが挙げられます。

○カロリー不足

極端なダイエットをして十分な栄養が摂れていないと、身体の熱量が不足し体温が低くなります。

○筋肉量の不足

筋肉によって熱エネルギーが生産されていくので、運動不足になると熱量が減り、体温が低くなっていきます。

○甲状腺ホルモンの減少

甲状腺ホルモンは代謝を促すホルモンであり、不足すると低体温になることがあります。冷えや疲労感、血圧の低下が認められる場合は、医師に相談してみることをおすすめします。

体温を上げるには

低くなってしまった体温は、努力次第で体温を上げて戻すことができます。基本は毎日必要なカロリーを摂取する、定期的な運動(毎日30分以上歩くなど)を行うことです。さらに身体の機能を正常化するために、冷房のかかっている部屋にいすぎない、入浴する、身体を冷やす食べ物や飲み物を控え、白湯を飲んで体温を上げるのも効果的です。
毎日の食事を見直すことも大切です。身体を温める食品として挙げられるのは、米や魚介類、肉、卵、チーズなど、さらに根菜類や生姜、にんにくなどがあります。生姜はすりおろして紅茶や味噌汁に入れたり、料理のトッピングに利用すると良いでしょう。

体温を上げて健康に!

冷えなどの症状がなく、低体温を自覚していない方も多くいるそうです。自分の平熱を正確に知るためには、体調の良い時に朝・昼・夜と1日3回、3〜4日間の体温を測り、その平均を出します。体温を上げると良い理由はたくさんあります。新陳代謝が上がるので痩せやすくなり、肌などもきれいになり若々しくなります。また血行が良くなり病気にかかりにくくなります。体温を上げて健康な身体をめざしましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP