ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大宮エリーが仰天やらかし「重要なプレゼンで…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月ー木曜23時30分からの番組「THE HANGOUT」(水曜担当ナビゲーター・大宮エリー)。9月28日のテーマは「やらかしFOREVER」。リスナーから「人生で最もやらかしたこと」を募集しました。

自身も豊富な“やらかしエピソード”を持つという大宮は、「NO やらかし、NO ライフ。やらかさないのは人生じゃない! どんどん失敗して『あのときの私はどうかしてたな…』と思う、それが生きている痛みですから」と、持論を展開(笑)。森山直太朗さんとみかんの皮を投げつけあった事件や、坂道を転がっているところを斉藤和義さんに助けてもらったエピソードなどを披露しました。

そんな大宮は、会社員時代にも”やらかし”の経験があったと告白。リスナーの「寝坊して、先輩から鬼のような形相で怒られた」というメールに対し、自身の大遅刻エピソードを語りました。

「我ながら本当に酷い話なんだけど、会社員時代に相当重要なプレゼンに遅刻して。『今どこだ?』と聞かれて『向かっています』とは言ったんだけど、タクシーが渋滞しちゃって…クライアントの会社の前までは着いたものの、もう無理だな、終わってるなと思って、踵を返して帰ったの」(大宮)

その後は、メールも見られなかったとか。「人が追い詰められると、こんなことになっちゃうんだなって」と振り返っていました。

そして実はこの日が大宮の「THE HANGOUT」、ラスト回。2014年10月1日にスタートし、これまで「おらこんな夢見ただ」「つるつるしようぜ」などユニークなテーマタイトルも特徴でしたが、大宮は「自由なタイトル、自由な放送を受け入れてくれた『THE HANGOUT』、J-WAVE、そしてリスナーのみなさん、本当に感謝しております」とコメント。

そして最後に「すごいみんなに励まされてて。疲れてここに来ていても、毎回終わる頃には楽しく帰っていました。ラジオほどみんなと繋がれたり、お喋りできたりする場を作るのって、こんなにネットが普及していても難しい。いろんなメディアが発達しても、ラジオはなくならないなと思いました」と、番組を締めくくりました。

約2年間続いた同番組ですが、とうとう9月29日(木)のオンエア、蔦谷好位置の回で最終回を迎えます。この日のリスナーのため、蔦谷のトラックに、番組で出会った女子大生ラッパー春ねむりさんのラップを乗せた新曲を制作! 楽しみにしていてくださいね。

【関連サイト】
「THE HANGOUT」公式サイト
http://www.j-wave.co.jp/original/hangout/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP