体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家事えもん流「肉汁ジュワ~」なハンバーグが好評なので半額シールの激安肉でどこまで美味くなるかつくってみた

エンタメ
家事えもん流「肉汁ジュワ~」なハンバーグが好評なので半額シールの激安肉でどこまで美味くなるかつくってみた

 『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ)は今やゴールデンタイムの超人気番組となっていますが、中でも料理や掃除などの家事について何でもお得な裏技を教えてくれる“家事えもん”こと家事大好き芸人の松橋周太呂さんが番組内で紹介した、簡単だけど肉汁ジュワ~っと溢れるハンバーグってご存知ですか?

 その名も『高野豆腐×新玉ねぎで 家事えもん流ジューシーふわふわハンバーグ!』。テレビ放映後に実際作った人からは、「肉汁がじゅわっとにじみ出て、お肉もふわふわで絶品」だと噂になっていました。そこで、折角なので庶民の味方“半額シール”つきの激安挽き肉をつかって、どこまで美味しくなるか挑戦!

【関連:乾麺に重曹入れたらモッチモチ!?らしいので試してみたよ】

■材料

高野豆腐×新玉ねぎで 家事えもん流ジューシーふわふわハンバーグ!の材料

合い挽き肉:200g
新玉ネギ:1/2個
高野豆腐:1/2個(8g)
卵:1個
ナツメグ:少々
塩:少々
粗びきコショウ:少々
サラダ油:大さじ1
氷コンソメ粉末:小さじ1/4
湯:150 ml

・和風きのこソース
玉ネギ:1/2個分
ナメタケ:大さじ2
ポン酢:大さじ3

※オリジナルレシピは普通の玉ネギではなく、新玉ネギです。

■つくり方

1:150 mlのお湯にコンソメを溶いて製氷皿に同量ずつ入れ、少し小さめの氷を8個つくっておきます。

2:玉ネギをみじん切りにして500Wのレンジで3分ほど加熱します。

玉ネギをみじん切りにしレンチン3分

3:和風きのこのソース全てを混ぜておきます。玉ネギは1でチンしたものを半分使用します。

4;高野豆腐をおろし金でおろし、2の冷ました玉ネギ、卵、ナツメグ、塩、粗挽きコショウ、挽き肉をボウルに入れてスプーンで混ぜます。番組では手の熱で肉の油が溶け出さないようスプーンを推奨していました。ここはスプーンに限らずお菓子作りで使うへらでも代用できそうです。

たねを作る

5:4のタネを半分取り出しコンソメでつくった氷を2~4個包んでいきます。あとは空気を抜きながらハンバーグの形に整えるだけ。残ったタネでもう一個同じものをつくります。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会