ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オシャレ過ぎるコンポスト「BIOVESSEL」「BIOVESSEL」は臭いが少なくキッチンでも使用可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食料廃棄物の多くは、従来、埋立処分され、これによって、二酸化炭素の21倍もの温室効果を有するメタンガスが発生している。

そこで、微生物や細菌などの作用で食料廃棄物を発酵させ、堆肥に変えるコンポストが注目され、様々な装置や容器が開発されてきた。

・1週間程度で生ゴミを堆肥に

台湾のスタートアップ企業「BIONICRAFT」は、20ヶ月以上の研究期間を経て、都市部の住居でも快適かつ簡単にコンポストできる「BIOVESSEL」を開発。

7リットル分の土に対して500〜600グラムのミミズが入った専用容器に、家庭から排出された葉野菜やティーバッグなどの生ゴミと水を加え、適度な光を当てると、ミミズと土中の微生物が有機物の分解を促進し、1週間程度で、生ゴミを堆肥に変えることができる。

「BIOVESSEL」は、従来のコンポスト容器などに比べて臭いが少なく、電力も不要。

もちろん、生ゴミから生成された堆肥は、家庭菜園などに利用することができる。

・クラウドファンディング開始2週間で目標額を達成

「BIONICRAFT」では、「BIOVESSEL」の量産化に先立ち、2016年8月31日から10月30日まで、Kickstarter(キックスターター)でクラウドファンディングを実施中。

クラウドファンディング開始から3週間で目標額3万ドル(約303万円)を達成し、さらに調達額を伸ばしている。

「BIOVESSEL」は、2017年2月以降、本格的に出荷される見込みだ。

BIOVESSEL

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP