ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パイオニア、スマートフォンから操作できる新型カロッツェリア メインユニット4製品を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パイオニアは 9 月 27 日、スマートフォンからカーオーディオを操作できる「マルチディスプレイモード」に対応した 1DIN サイズの新型カロッツェリア メインユニット「DEH-5300」「DEH-4300」「MVH-5300」「MVH-3300」を発表しました。価格は 8,000 ~ 15,000 円 + 税で、10 月に発売されます。これらの新製品は、Android アプリ「ARC APP」をインストールしたスマートフォンを接続すると、スマートフォン上でカーオーディオの楽曲表示や選曲、ソース選択、ボリューム調整、イコライザを使った音質変更を行うことができます。DEH-5300 は CD / Bluetooth / USB / チューナーをサポート、DEH-4300 は CD / USB / チューナーをサポート、MVH-5300 は Bluetooth / USB / チューナーをサポート、MVH-3300 は USB / チューナーをサポートしています。また、Android Open Accessory Protocol Ver.2.0(AOA 2.0)に対応しており、MTP モードでスマートフォンとメインユニットを USB ケーブルで接続すると、スマートフォンを充電しながら、スマートフォンに保存された楽曲の再生や、サードパーティ製アプリの音を再生することもできます。Source : パイオニア

■関連記事
ミヨシ、USB Type-C対応のマルチポートUSB充電器「IPA-C01」と「IPA-Q01」を 10 月上旬に発売
Chromecastのプレビュー版ファームウェアに「Google Home」アプリの名前が表示される
エレコム、マルチOS対応のソフトレザー製タブレットカバーキーボード「TK-CAP01BK」「TK-CAP01IBK」と折り畳み式キーボード「TK-FLP01BK」「TK-FLP01PBK」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP