ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「また、来よう」と決めた。国内の秘境駅12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本に住んでいながら知らないすばらしい景色はたくさんあるものです。でも知っている人たちはその景色の言葉を失い、感動していると思ったらすぐにその景色を見に行きたくなります。日本にある絶景の駅をご紹介します。

 

夕日も美しいJR北海道 北舟丘駅

photo by ×768

ホームの横に広がるのは内浦湾で、晴れた日には駒ケ岳を望むことができる駅です。まるでホームが海に浮かんでいるかのような絶景が広がります。
駅名:北舟岡駅
路線:JR北海道 室蘭本線
所在地:北海道伊達市舟岡町
その他:無人駅

 

夏季のみ営業!レアな原生花園駅

photo by pixta.jp

5月1日~10月31日に「小清水原生花園」へアクセスする専用の駅として開いています。期間中は記念切符なども販売されています。
駅名:原生花園駅
路線:JR北海道 釧網本線
所在地:北海道斜里郡小清水町
その他:期間限定営業

 

ポスターやドラマのロケにも登場する下灘駅

photo by blog.goo.ne.jp

国道が開通して「日本一海に近い駅」ではなくなってしまいましたが、ホームから美しい伊予灘を眺められることから多くの観光客が訪れています。
駅名:下灘駅
路線:JR四国
予讃線所在地:愛媛県伊予市双海町
その他:無人駅

 

秘境駅ファンの聖地 驫木駅

photo by  kerokero.typepad.jp

時化の時には波がかかってしまうこともあるという驫木駅は、日本海に面した無人駅です。1日上下5本ずつ普通列車が停車しますが、1日の平均乗客数は10名に満たない程度です。

青春18きっぷのポスターになったことがあり、鉄道ファンが多く訪れています。
駅名:驫木駅
路線:JR東日本 五能線
所在地:青森県西津軽郡深浦町
その他:無人駅

 

駅から湖が一望できる 稲尾駅

photo by あそびにん

駅のホームの長さが電車3両分いう小さな駅です。待合室の壁にはアルファベットで「INAO」と書かれています。なんだかほっこりしますよね。
駅名:稲尾駅
路線:JR東日本 大糸線
所在地:長野県大町市平稲尾
その他:無人駅

 

トンネルに挟まれた絶景駅 田浦駅

photo by pixta.jp

明治時代に開業した駅舎は、トンネルの多い地形ということもあり両端をトンネルで挟まれているという変わった駅です。プラットホームの長さの関係上、11車両以上の列車は先頭車両と2両目の一つ目のドアが開かない、いわゆるドアカットが有名な駅です。
駅名:田浦駅
路線:JR東日本 横須賀線
所在地:神奈川県横須賀市田浦町
その他:横須賀線の駅では利用者が最も少ない

 

登録有形文化財にも登録されている趣のある駅舎 嘉例川駅

 photo by pixta.jp

明治36年開業の駅舎は、2006年に登録有形文化財に登録されました。同じく肥薩線の大隈横川駅と並んで、鹿児島県内最古の駅です。待合室や窓口も昔の作りのまま大切に使われています。
駅名:嘉例川駅
路線:JR九州 肥薩線
所在地:鹿児島県霧島市隼人町
その他:鹿児島県内最古の駅

 

相模湾を見渡せる 鎌倉高校前駅

photo by free-for-vivarock.cocolog-nifty.com

国道134号線と並走する江ノ島電鉄の駅です。関東の駅百選にも選ばれた絵になる素敵な駅です。駅から100mほどの距離にある踏切も大変有名な風景です。
駅名:鎌倉高校前駅
路線:江ノ島電鉄 江ノ島電鉄線
所在地:神奈川県鎌倉市腰越
その他:関東の駅百選のひとつ

 

日常的な利用客は「0」 小幌駅(こぼろえき)駅

photo by pixta

小幌駅(こぼろえき)はJR北海道室蘭本線の駅で、「礼文華トンネル」と「新辺加牛トンネル」という2つの長大トンネルの間に挟まれた断崖絶壁の山あいにあります。日常的な利用客はいませんが、鉄道ファンからは「日本一の秘境駅」と呼ばれていてファンの多い駅です。

2015年にJRから経営合理化のために廃線の検討がなされましたが、小幌駅からしかアクセスできない小幌洞窟(岩屋観音)など周辺の観光も含めた貴重な観光資源として存続を望む豊浦町が管理・運営を引き継ぐという形で2016年4月より1年ごとの存続検討がされることになりました。しかし、その運営はコスト面からも厳しい状況です。
■詳細情報
・名称:小幌駅(こぼろえき)
・住所:北海道虻田郡豊浦町字礼文華
・アクセス:東室蘭~長万部間を走るJRの普通列車のみ停車
札幌からJRだと非常に遠回りのため、洞爺・豊浦行きの直通バスが1日1往復出ている。要予約、約3時間。
詳しくはこちらからhttp://www.town.toyoura.hokkaido.jp/hotnews/files/00002300/00002331/20160314084727.pdf
・電話番号:0142-83-1418(豊浦町役場 総務課)
・公式サイトURL:http://www.town.toyoura.hokkaido.jp/hotnews/detail/00002331.html

 

木製のホームのみの駅 糠南(ぬかなん)駅

photo by pixta

糠南駅(ぬかなんえき)は、旭川駅と稚内駅を結ぶ宗谷本線の駅。もともとは仮乗降場として設けられたが、JR移行後に駅になった。周囲には原野と牧草地が広がっている。無人駅で駅舎はなく木製のホームのみ。また、近隣住民が寄贈したという物置からなる待合室がある。

秘境駅として知られているが、隣の問寒別駅からは2.2kmの距離であり、かつ道路が整備されているため、訪れることは比較的容易である。現在の乗降者数は1日平均1人未満。
■詳細情報
・名称:糠南(ぬかなん)駅
・住所:北海道天塩郡幌延町糠南
・アクセス:JR北海道宗谷本線 宗谷本線始点より178.0km 停車は1日2本(2016年8月現在)
http://ekikara.jp/newdata/line/0101101.htm
・電話番号:0162-23-2583(JR北海道 稚内駅みどりの窓口)
・公式サイトURL:http://www.jrasahi.co.jp/contents/facilities/station/w67_nukanan.html

 

傾斜33%の急こう配 もたて山駅

Izumi Tomiyamaさん(@nannohi)が投稿した写真 – 2014 11月 2 7:22午後 PST

もたて山駅は滋賀県大津にある比叡山延暦寺と地上を結ぶケーブルカーの中間駅の1つです。通常この駅にはケーブルカーは止まりませんので、事前に申告しておくか、駅からインターホンでの停車予約が必要です。付近は33%の急こう配ですが、ホームは板張りに滑り止めが打ち付けられているだけなので、雨の日などは注意が必要です。

駅からはこのもたて山をこよなく愛したという「土佐日記」作者の紀貫之のお墓や、琵琶湖を一望できる、もたて山見晴台が近くにあり、延暦寺や坂本駅までのハイキングコースもあります。
■詳細情報
・名称:もたて山駅
・住所:滋賀県大津市坂本本町
・アクセス:≪JR京都駅から≫湖西線「比叡山坂本」駅下車。連絡バスで7分/徒歩約25分(タクシー常駐)
≪京阪電車「三条」駅、地下鉄「三条京阪」駅から≫地下鉄東西線「浜大津」行きに乗車。終点の浜大津駅で「坂本」行きにのりかえ、終点の坂本駅から連絡バスで3分/徒歩約15分≪連絡バス(江若交通)≫「ケーブル坂本」駅 行き 毎日運行 (1時間に2本)※4月13日・14日は、山王祭開催のため運休
詳しくはこちらhttp://www.sakamoto-cable.jp/utilities/accessmap.html
・電話番号:077-578-0531(比叡山鉄道株式会社)
・料金:大人/片道860円 往復 1620円 子児/片道460円 往復810円
・所要時間: 11分(坂本~延暦寺)
・公式サイトURL:http://www.sakamoto-cable.jp/

 

峠(とうげ)

photo by pixta

峠駅は標高が626mと奥羽本線内で最も高い駅です。滑川温泉や姥湯温泉などの秘湯に囲まれています。鉄道ファンの間では非常に人気が高く、車で来る観光客もいるほど人気。この付近は豪雪地帯のため、線路やポイントなどの施設は駅構内に設けられ、それらは雪から守るためスノージェッドと呼ばれる雪除けで覆われています。

山形新幹線の開業までここはスイッチバックの駅として知られ、今でもその遺構が残されています。駅前の“峠の茶屋 力餅”が製造する“峠の力餅”が名物として有名で今でも停車時には販売員がやってきます。
■詳細情報
・名称:峠駅
・住所:山形県米沢市大字大沢字峠
・アクセス:奥羽本線 福島駅より29分/米沢駅より17分
・公式サイトURL:http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=1040
●http://www.togenochaya.com/

 

まとめ

写真を見ていると電車に乗ってのんびりと絶景駅を求めて旅に出たくなりますね。ここには載っていない絶景駅を見つけてみるのも楽しいかもしれませんね。

関連記事リンク(外部サイト)

東京の大自然溢れる絶景スポット7選
「青い星」地球にある「赤い絶景」7選
フランスの世界遺産を美しく捉えた絶景写真・画像11選
世界最大のパワースポット「エアーズロック(ウルル)」の絶景画像15選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP