ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、海外でAndroid TVベースのBRAVIA(2016年モデル)に最新ファームウェア 6.0514を配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 9 月 27 日、Android TV ベースの BRAVIA(2016 年)の海外モデル(XD75 / XD70 / XD83 / XD80 / SD80 / ZD9)向けに、最新ファームウェア 6.0514 の配信を開始しました。今回のアップデートでは、XD70 / XD75 / SD80 シリーズが HDR 映像の再生をサポートします。これには、HDMI 経由での通常フォーマット(3Gbps)の再生にも対応します。HDR への対応に合わせて受信信号が HDR の場合に画面にはHDR のロゴが表示されるようになります。アクセシビリティ機能の拡充として、Google TalkBank によるスクリーンリーダー機能に対応するほか、フィードバックオプション、文字を拡大できる拡大鏡機能、高コントラストモードに対応します。さらに、Amazon の動画・音楽配信サービスを対象に、映像とオーディオの最適化や音量の調節が行われたほか、Dolby Digital Plus のパススルーモードにも対応しました。このほか、PlayStation Video や YouTube がスクリーンリーダーに対応し、Sony Select は Neulion(DivX)コンテンツのレコメンドに対応します。Source : Sony

■関連記事
東京都稲城市、10月1日に公衆無線LANサービス「いなぎ Free Wi-Fi」を開始
Galaxy Note 7、10月1日より一般販売を再開
Nixon Japan、Android Wearスマートウォッチ「The Mission」を国内では10月16日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP