ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】デイジー・リドリーとエリザベス・デビッキ、実写/アニメ映画『Peter Rabbit(原題)』に出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

daisy-ridley-elizabeth-debicki-peter-rabbit

デイジー・リドリーとエリザベス・デビッキは、米ソニー・ピクチャーズによる実写とアニメのハイブリッド映画『Peter Rabbit(原題)』に出演する。ローズ・バーンとジェームズ・コーデンの出演も決まっている。

ロブ・ライバーが手掛けた脚本をウィル・グラックが改訂し、監督も手掛ける。シドニーに拠点を置くアニメと視覚効果の製作会社アニマル・ロジックが同プロジェクトを手掛ける。同社は全世界でヒットした映画『LEGO(R)ムービー』を手掛けた。

グラックとザレー・ナルバンディアンがプロデューサーを務め、ダグ・ベルグラッドがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。また、オリーブ・ブリッジのジョディ・ヒルダブランド、ジェイソン・ラストもエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

コーデンはピーターの声を演じ、バーンは実写版の女性主人公であるベア役を演じる。

コロンビア・ピクチャーズと出版社フレデリック・ウォーンが絵本作家ビアトリクス・ポターの人気シリーズ『ピーターラビット』のストーリーを現代版に仕上げる。ウォーンは、1902年の絵本『ピーターラビットのおはなし』の出版を手掛けて以来、ポター作品の出版元であり、またピーターラビットとポターのブランドを管理している。

出版社ペンギン・ランダム・ハウス・UKのCEOトム・ウェルドンは、「我々、ペンギン・ランダム・ハウス・UKは、コロンビア・ピクチャーズと一緒に仕事をすることを大いに喜んでいます」と語り、「ビアトリクス・ポターのブランドとレガシーの管理者として、ビアトリクス・ポターと彼女の最も愛されているキャラクター、わんぱくなピーターラビットの世界を、これまでとは全く違う新しい観客に紹介できる機会として、興奮しています」とコメントした。

ソニーはウォーンと共に作品を製作するだけでなく、『Peter Rabbit(原題)』の全世界のライセンシングとマーチャンダイジング・プログラムを手掛ける。

『Peter Rabbit(原題)』の製作は2017年1月にスタートし、2018年4月に全世界で公開される。スクリーン・オーストラリアとスクリーンNSWを通じて行われるオーストラリア政府の協力のもと、米ソニー・ピクチャーズ・アニメーションと共に製作する。ローレン・エイブラハムが同スタジオの監修を担う。

リドリーは映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でブレークし、急速にそのキャリアを築きあげている。『スター・ウォーズ』シリーズの8作目に加え、ライオンズゲート製作のヤングアダルト小説をもとにした映画『Chaos Walking(原題)』への出演が決まっている。また、米パラマウント・ピクチャーズのスーパーナチュラルドラマ映画『Kolma(原題)』で再びJ・J・エイブラムスと仕事をする。さらに、ロビー・ブレナーがプロデュースする映画『The Lost Wife(原題)』に主演する。

デビッキは、第68回エミー賞監督賞(スサンネ・ビア監督)を獲得したテレビシリーズ『ナイト・マネジャー』に出演している。また、エイブラムスがプロデュースするパラマウントの映画『God Particle(原題)』にも出演する。

2人は共にCAAを代理人としている。デビッキはユナイテッド・エージェンツとも代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。