ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ライフ・オブ・パイ』アン・リー監督最新作2月公開! イラク戦争の英雄となった青年を通してアメリカの「今」を描く感動作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『グリーン・デスティニー』(00)で外国語映画賞、『ブロークバック・マウンテン』(05)、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(12)で監督賞と3度のアカデミー賞に輝く巨匠アン・リー監督の最新作『BILLY LYNN’S LONG HALFTIME WALK(原題)』。全米で11月に公開される本作が、邦題を『ビリー・リンの永遠の一日』として2017年2月11日(土・祝)に日本公開されることが決定した。

本作の原作はアメリカ人作家ベン・ファウンテンの同名小説。2005年――イラク戦争での勇姿がメディアに取り上げられ、一躍、英雄になった19歳の青年ビリー・リン。故郷アメリカに一時帰国し凱旋ツアーに駆り出される中で、自分がヒーローとして扱われることに違和感を抱き始める。そして、いよいよ戦地へ戻る前日、ツアー最大の目玉となる感謝祭のアメリカン・フットボールのハーフタイムイベントに迎えられたビリー。大歓声の中でビリーは、現実と戦争の記憶が交差する一瞬のような永遠のような”時”を経験する――。ハーフタイムショーの饗宴の中、狂気=戦争の記憶が蘇る”ラスト12分”は、世界初の映像技術(120フレーム/秒)を駆使したアン・リー監督渾身のシーンだ。

本作は第54回ニューヨーク映画祭(9月30日~10月16日)への出品が決定しており、ワールドプレミアも開催予定。ちなみに、過去のアン・リー監督作品で同映画祭に出品された『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』、『グリーン・デスティニー』はアカデミー賞を受賞しており、本作も早くもアカデミー賞確実と言われている!

一夜にしてイラク戦争の英雄となった19歳の青年を通してアメリカ社会の”今”を描いた感動作『ビリー・リンの永遠の一日』は2017年2月11日(土・祝)全国公開

『ビリー・リンの永遠の一日』海外版予告映像

関連記事リンク(外部サイト)

世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
【世界中で絶賛!】U-12バルセロナと大宮アルディージャジュニア、試合後の選手同士の心の交流が話題に
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP