体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JR東日本が地域の人々と栽培したトマトが首都圏エキナカのメニューになって登場♡


JR東日本グループが「地域に生きる」をコンセプトの一つとし、地産品の販路拡大や6次産業化に向けたものづくりをしている。農産物の作り手が減少する中、農業者と連携して設立したのがJRとまとランドいわきファーム。こちらで採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用して、首都圏で本格的に展開していく

JRとまとランドいわきファームで収穫されたトマトに出合えるのは、首都圏エキナカ店舗やホテル・レストラン。いわき産トマトをさまざまな食べ方で味わいつくそう!

 

「ベッカーズ」創業30周年を記念して首都圏17店舗で販売するのは「熟成アンガスビーフ“別格”ザ★プレミアムバーガー」(1280円)。JRとまとランドいわきファーム産のトマト、トマトケチャップを使用。10月1日(土)~10月31日(月)の期間限定

首都圏など84店舗の「ベックスコーヒーショップ」では、人気定番サンドイッチ「クラブハウスサンド B.L.T.サンド」(420円)にトマトをサンド。すでに9月から販売されている。

首都圏の「NewDays」400店舗は、旨みの強いカンパリ種トマトをつかい「カンパリトマトのイタリアンパスタサラダ」(398円)と「カンパリトマトと豆腐のじゃこサラダ」(348円)をご提供。「カンパリトマトのイタリアンパスタサラダ」はサクサク食感のクルトン、ベーコンビッツにバジル風味のパスタをあわせ、クリーミーイタリアンドレッシングでまとめ上げている。

「カンパリトマトと豆腐のじゃこサラダ」はカプレーゼ風に豆腐をあわせ、アクセントにじゃこをトッピング。風味豊かなごまポン酢ドレッシングで召し上がれ♪販売期間はどちらも10月18日(火)~11月8日(火)

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会