ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リトアニアには、交差点に進入すると消えてしまう「トロリーバス」があるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ガソリンではなく電気を動力として走るトロリーバスは、鉄道の一種として区分されるユニークな乗り物。かつては東京、大阪、名古屋など大都市で見られたが、現在は立山黒部アルペンルートのみを残し、市街地を走る路線はすべて廃止されている。

しかし海外、特に道幅が広く車が比較的少ない旧社会主義国の都市では、今なお現役バリバリ。ここリトアニアの首都ヴィリニュスでもそうだ。しかも、中には一風変わったデザインのものもあるらしい。

風景に「溶け込みすぎる」

そのトロリーバスはアーティストのLiudas Parulskisが手がけたもの。現段階では上の通りなんの変哲もないデザインだが、ここから様子が変貌していく。出来上がるのは、風景に溶け込みすぎるトロリーバスだ。

完成。

車体に風景を描くことで、見事に交差点で消えている。こんなデザイン見たことない。 「BoredPanda」によると、旧社会主義の名残を受け、様々な文化や宗教が交錯するヴィリニュスはアーティストのインスピレーションを喚起する街。彼の今回の作品も創造性に溢れており、ありふれた日常を新しい形で見せてくれる。ちなみに、中央に描かれたオオカミはこの街のシンボルなのだとか。Reference:BoredPandaLicensed material used with permission by Vieta

関連記事リンク(外部サイト)

「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
よく知らなかったし、イメージもとくにないけれど、最近やたらにニュースでみかける「コスタリカ」について
【世界初】ロンドンで開催された「犬のための現代アート展」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP