ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huaweiは次のスマートウォッチでTizen OSを採用か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまで、スマートウォッチでは Android Wear を採用してきた Huawei が、同社の次期スマートウォッチで Samsung と Intel が主導で開発している Tizen OS に乗り換える、との噂が出てきました。Tizen は 2012 年の正式リリースされたオープンソースのモバイル OS で、これまでは Samsung Z シリーズのスマートフォンと Gear スマートウォッチに搭載されてきました。商用デバイスの採用メーカーがほぼ Samsung 1 社で、機種数も多くなく、モバイル界では劣勢と見られていましたが、Huawei がもし本当に採用するのなら、巻き返しの兆しになると見られます。Samsung の広報担当者は、Korea Herald からの本件に関する問い合わせに対して、「Huawei から何も打診は受けてない」と噂を否定しています。Huawei がスマートウォッチ OS を Tizen に乗り換えるのなら、おそらく、Huawei に習って乗り換える企業も出てくるはずです。Source : Korea Herald

■関連記事
Amazon、Alexaに対応した第三世代「FireTV Stick」を発表
BQ、スマートフォン新シリーズ「Aquaris U」を発表
シンプルで直感的に操作できる海外で話題のAndroid用ホームアプリ「Evie Launcher」が国内でもダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP