体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾グルメを堪能!おすすめ屋台グルメ26選と夜市7選

台湾グルメを堪能!おすすめ屋台グルメ26選と夜市7選
Photo credit: Yoshiko Miyazaki「食メインの食いだおれ旅 ~ 台湾・2回目 ~」

Photo credit: Yoshiko Miyazaki「食メインの食いだおれ旅 ~ 台湾・2回目 ~」

こんにちは。Compathy MagazineライターのSaoriです。
台湾旅行に出かけたらぜひ食べてみたいのが美味しい台湾グルメですよね。台湾グルメの中でも安くて美味しい屋台グルメがたくさんあります。日本でも人気の小籠包から台湾のB級グルメまでを一挙にご紹介! また台湾の夜を楽しむなら夜市がおすすめです。人気の夜市と観光する上での注意点なども合わせてご紹介します。

台湾で食べたいおすすめの屋台グルメ26選

台湾は外食文化が非常に発達した土地で、屋台はいわば市民の台所になっています。日常から利用される方も多いので、値段も安く、しかもおいしいものが多いのが特徴です。

1. 臭豆腐

屋台街を歩いていると一際強烈な臭いを放ってくるのが台湾名物「臭豆腐」。名前の通り癖のある臭いが特徴です。作り方は豆腐を植物性の発酵汁に一晩漬け込んだもの。生と油で揚げる食べ方があり、油で揚げたほうが臭みが和らぐので日本人には食べやすいです。
臭いのインパクトとは裏腹に深い味わいが人気になっています。あまりにも臭いがきついため心が折れそうになるかもしれませんが、勇気を出して口に入れると意外に美味しく味わえますよ。値段は50元とお手頃です。

2. かき氷

Photo credit: Momoko Nishikawa「台北女子旅♡ グルメ&ショッピング!」

Photo credit: Momoko Nishikawa「台北女子旅♡ グルメ&ショッピング!」

台湾のかき氷は、まるでパウダースノーのようにきめ細かいのが特徴で種類も豊富。とくに人気があるのはマンゴーのかき氷です。マンゴーが贅沢に使われていてフルーツ王国ならではと言えますね。他にもフルーツたっぷりのかき氷やタピオカミルクティーのかき氷などがあります。
トッピングにはアイスやパンナコッタがのっていて相性抜群! いろいろな屋台で食べ歩きをしても楽しめそうですね。値段は150元〜250元と少し高めですが、ボリューム満点なので二人でシェアして食べるのをおすすめします。

3. 豆花

Photo credit: アツコ「初台湾2日目〜 九份,鹿港,彩虹眷村」

Photo credit: アツコ「初台湾2日目〜 九份,鹿港,彩虹眷村」

こちらは台湾の伝統的なスイーツです。日本で言うと豆乳プリンのようなイメージ。甘さが控えめでヘルシーなスイーツとして女性に人気があります。トッピングもいろいろあって、タピオカ、白玉団子、小豆、ピーナッツ甘煮、蓮の実、タロイモ、オートミール、レモンゼリーなどを選べます。
大体3種類ほどのトッピングですが、お店によっては入れ放題なんてことも! 選んだトッピングによって値段が違いますが、大体40元〜50元。

4. 胡椒餅

Photo credit: Takashi Omura「台北で屋台を食べまくる。」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。