ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江本孟紀氏「巨人は山田、柳田、大谷を獲りに行けばいい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島の歴史的な独走を許した巨人。熱狂的な巨人ファンとして知られるタレントのヨネスケ氏は、今季の戦いぶりをこう振り返る。

「長嶋監督が最初に就任した1年目(1975年)に最下位になった、あの状況とよく似ていますよ。長嶋さんは当時の戦力ダウンの原因を“自分が抜けたから”といいましたが、ヨシノブ監督(高橋由伸)も同じ気持ちでしょう」

 引退即監督に据えられ、チーム構想も立てられなかった。ギャレット(35)を使うつもりだったファーストには阿部慎之助(37)が納まってしまった。正捕手の小林誠司(27)も思うように成長しない。広島のように日替わりでヒーローが出てくることもない。

「これじゃ新人監督の采配以前の問題。手の打ちようがなかったんですよ。それでよく2位になったと思います。長嶋さんだって最下位だったんですから」(ヨネスケ氏)

 その長嶋巨人は2年目に大型補強を敢行している。日ハムから張本勲、太平洋クラブから加藤初と伊原春樹、阪急から水谷孝、広島からは小俣進を獲得。新外国人投手としてライトを迎え入れ、ドラフトでは篠塚利夫、中畑清、山本功児らを加入させて見事、3年ぶりの優勝に輝いたのだった。

「だからヨシノブ巨人も、大補強をして3年ぶりの来季優勝を目指すしかない」

 というのは、辛口評論で鳴らす江本孟紀氏である。

「巨人にはそもそも、選手を育てる力がないんですから、FAや助っ人に頼るしかないでしょう。球団としては、若い選手を3年、4年かけてファームで育てるのが理想ですが、巨人にはそれができるコーチもいないんだから。

 巨人に限らず、ドラフトで獲った若い選手を自分のところで鍛えて育てる能力がないチームは、そのことを自覚するべきです。育てられないなら、金を出して力のある選手を引っ張ってくるしかない。巨人はやろうと思えばそれができるわけだから、批判も覚悟の上で、どんどん“巨人らしさ”を出せばいいじゃないですか」

 FA宣言した選手を獲得する上では人数制限や年俸制限など様々な制約があるが、「新しいルール導入を強引に主導してもいい」と江本氏は語る。

「それだって話題作りの一環になるでしょう。チームを強くするためなら、2年連続トリプル・スリーの山田哲人(24、ヤクルト)や、ソフトバンクの柳田悠岐(27)、場合によっては大谷翔平(22、日ハム)を強引に獲りに行くくらいの気合いでいけばいいじゃない。今までだって、そうやって強くなってきたんですから」

 一方のヨネスケ氏は、またぞろ出てきた「欲しい欲しい病」の兆候に、ちょっと寂しそうな様子だ。

「若手が出てこないから、今の巨人はベテランと中堅の寄せ集めで戦っている状態です。かといって、ヨシノブ監督にはFAや外国人で“勝つだけ”の野球はしてもらいたくない。5年間は我慢するので、何としても若手を育てハエヌキ選手で優勝を勝ち取ってもらいたい。三浦大輔(42)がファンに引退を惜しまれるのは横浜一筋で投げ抜いたからだし、広島の街がここまで盛り上がっているのも、ハエヌキの選手が活躍したからでしょう」

 巨人の補強戦略を案じるヨネスケ氏は、そういって唇を噛む。果たして巨人はこのオフ、いかなるかたちで戦力強化を図るのか。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年10月7日号

【関連記事】
野村克也氏 長嶋攻略法が最後まで分からなかったと今明かす
巨人ファンのヨネスケ氏「巨人に勝つにはセもDHにしたら?」
高木守道氏 「僕は元々巨人ファン。そういう時代だった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP