ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「性交して12時間以内に来てください」って言われても…!フーナーテストの思い出 by カザマアヤミ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、カザマアヤミです。

今回は2話目の紹介です。 前回のエピソード:「すみません、私、子どもできないかも…」排卵していないという診断に大ダメージ

すごいですよね。「性交してから12時間以内に病院来てください」って…。

どんな顔して行ったらいいんだ…真面目な顔か?

それともちょっと恥じらい顔が正解なのか?と無駄に悩んでしまいました。

この頃はまだちょっと不妊治療に抵抗があって、病院の日は暗い気持ちになってしまっていたので、

病院終わった後にゲームのガチャを引いていいよ!とか

お店で美味しいご飯を食べていいよ!とか

ご褒美を作ることで乗り切っていました。

とはいえ治療が進むにつれお金がかかるようになっていき、

ご褒美とか言ってる場合ではなくなってきたので

「ご褒美ガチャやったつもり」「ご褒美ご飯食べたつもり」という

エアご褒美でなんとかするようになっていきました。

もはや訳が分からない感じになっていますが、

治療は日常的に続くことなので無理やりでもいいから

前向きになる方法をとっていたかったのです。

まあ人生にはそんな時もある…。 関連記事:卵管造影、フーナーテスト…不妊検査って何が分かるの?何するの? 実際に受けてみた

『出産の仕方がわからない!』(KADOKAWA)/ カザマアヤミ(著)

想像つわり、ちくびがもげる、猫から学ぶ!? オタクの出産はネタの宝庫だ。『恋愛3次元デビュー』で話題沸騰&大重版の著者が描く、笑いと感動の実録コミックエッセイ!

関連記事リンク(外部サイト)

家族にならなきゃ! 必死だった結婚前からの妊活。でも、優しい気持ちが成功の秘訣
辛い不妊治療は夫婦一緒に乗り越えて。新しい家族を増やすには、今いる家族を思いやることが大切
終わりが見えないから辛い妊活のステップ。諦めない日々が夫婦の絆を強くしてくれた

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP