体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心が解放されっぱなし。次のハワイはマウイ島へ

自分で選んだいまの仕事。できることなら夢中になりたい。がんばりたい――。

それは、まじめだからとかじゃなくて、きっと仕事が好きだから。でも、がんばりすぎちゃって疲れることもあるし、なんか停滞してるなぁって感じるときもある。

そんなときはハワイへ行こう。いい仕事をするためにハワイへ行こう。

きっと、行く前と帰ってきたあとでは、自分が少し変わったことに気づくはず。

クリエイティブなセンスを磨きたいなら、マウイ島へ

201610_maui_02.jpgオアフ島から国内線に乗り継いで、約35分で到着するマウイ島は、ハワイ諸島のなかで2番目に大きい島です。

ゆったりとした空気が流れる街並みや、世界最大級の休火山のハレアカラ火山、オーガニックファームなど、心地いい刺激が満載です。

パステルカラーの街並みのラハイナ

201610_maui_03.jpg201610_maui_04.jpg201610_maui_05.jpg海岸線がすぐ目の前に迫ってくるラハイナの街

ここは、ハワイ王朝時代の首都でした。その名残りが残るノスタルジックな街並みのなかにいると、自然といつもよりゆっくり歩いていることに気がつきます。

201610_maui_06.jpg目の前に広がる海と、ふりかえるとドンと迫ってくる山に、心が解放されっぱなし。いやでも自然を感じます。 201610_maui_07.jpg201610_maui_08.jpgサーファーやビーチサイクルで走るローカルの人たち。自分のペースで生きていいんだよ、という当たり前のことを思い出させてくれました。

早起きして、ハレアカラのサンライズを

201610_maui_09.jpgマウイ島といえば、ハレアカラ火山が有名です。世界最大級の休火山で、標高3055メートルのマウイ島最高峰の場所。ハレアカラ国立公園として認定されています。

ここで見られるのが、神聖なサンライズ。ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」という意味で、神話にちなんで名付けられました。

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。