ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関西の旅好きが集まるカフェ&バー5選!「旅に出たい」と思ったらここに行けば◎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にいながらまるで旅をしているような気分になれる場所。それが、旅好きが集まって語り合ったり飲んだりするカフェ&バーです。東京都内にはたくさんあるようですが、東京だけじゃないですよ!

関西の皆さん、実は関西にも旅好きが集まる場所があるのです。そんな素敵な空間をいくつかご紹介します。旅に出たい!そんな衝動に駆られたら是非出かけてみてください。

 

旅カフェ&バーとは?

photo by takuya hanaoka 

旅好きが集まる旅カフェ&バーとは、「旅」というテーマでみんなが繋がっている空間です。世界一周経験者が経営しているケースが多く、店内には旅に関する本や写真が展示され、世界の料理やお酒が並んでいます。

そんな場所にいると、会話は自然と旅の話に。お茶しながら旅の計画をしたり、店員さんと旅の相談をしたり、はたまた隣のお客さんと旅の話で盛り上がったり、旅好きにはたまらない時間が流れています。

旅好きの友達やカップルはもちろん、一人で行っても「旅」という共通テーマでみんなすぐに友達に。旅はみんなを一つにしてくれます。

 

旅人の家(大阪:心斎橋)

photo by takuya hanaoka

まずご紹介するのは大阪ミナミにある「旅人の家」です。「チューリンさん」の愛称で親しまれているマスターは世界一周経験者。脱サラしてこのお店をオープンさせました。カウンターには世界中のビールが並んでいて、「次はどの国のビールにしよう」なんて楽しいものです。

また、イスラム圏で愛用されてる名物「水タバコ」はタバコ好きにはたまらないそうです。雑居ビルの奥にあるにもかかわらず、関西中の旅好きでいつも賑わっています。あまりの居心地の良さに「旅好きではないけど常連」なんて人もいるくらいです。

ミニライブやお鍋パーティーなども開かれていて、アットホームな雰囲気が最大の魅力です。勇気を出して扉を開けると、そこには素敵な空間が待っています。
■詳細情報
・名称:旅人の家
・住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8−5 ニューグランドビル2F
・アクセス:地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」徒歩約5分
・営業時間:月~木:19:00~翌3:00、金・土:19:00~翌5:00
・定休日:日曜日
・Facebookページ:https://www.facebook.com/tabibito.ie/

 

黄色い家(大阪:中崎町)

photo by takuya hanaoka

大阪・梅田の東エリアにあるオシャレな街「中崎町」入り組んだ路地に雑貨屋さんやカフェが点在する一角に一際目立つ黄色い外観。店内には旅関連の本やパンフレットがいっぱい。休日の昼下がりにお茶しながらまったりと旅の計画をするのにピッタリです。

メニューにもマサイコーヒーなんてのもあってお試しあれ!夫婦で営むこのお店も世界一周経験者です。店にあるクッションや食器なんかも海外で買いつけてきたのだそう。カウンターには常連らしき女性客。店長さんと旅の話で盛り上がっていました。

お二人ともとっても話やすくついつい長居してしまうのがわかります。後で聞くと、そのカウンターの女性客は初めてだったとのこと。全くそんな風に見えないくらい居心地が良いのです。
■詳細情報
・名称:旅cafe黄色い家
・住所:大阪府大阪市北区中崎西4-1-30
・アクセス:地下鉄谷町線「中崎町駅」徒歩約5分
・営業時間:月:12:00~20:00、木-日:12:00~20:00
・定休日:火・水曜日
・Facebookページ:https://www.facebook.com/kiiroiie/

 

たびもぐらカフェ(大阪:富田林)

banchan_nさん(@banchan_n)が投稿した写真 – 2015 12月 6 10:45午後 PST

南大阪は富田林駅の近くにある町家カフェ。一見、骨董品や雑貨屋さんにも見えます。築100年の町家をリノベーションした店内はとってもゆる〜い時間が流れています。まるでゲストハウスのように旅人が集まり語り合う場所にしたかったとのことで、そのコンセプトがはっきりと出ています。

いい意味で整理していない店内はいつしかの田舎のおばあちゃん家でゆっくりしていた頃を思い出します。ただここにいてるだけでリラックスできる、そんな癒しの空間です。旅人のトークやミニライブも定期的に行われているようで、一度足を運んでしまえばハマってしまうかも。
■詳細情報
・名称:たびもぐらカフェ
・住所:大阪府富田林市富田林町12−12
・アクセス:近鉄長野線 「富田林駅」徒歩約6分
・営業時間:土・日:11:00〜17:00(イベント時は夜まで営業)
・定休日:平日(イベント時は例外あり)
・Facebookページ:https://www.facebook.com/tabimogura/

 

en+(エンタス)(兵庫:三宮)

m a k i k oさん(@maesamu)が投稿した写真 – 2016 9月 2 3:54午前 PDT

大阪だけじゃなく神戸にもありますよ。三宮から歩いてすぐの場所にギャラリー空間も兼ねたカフェがあります。店主のKAZさんは船で世界一周を経験したとのこと。人が好き、旅が好きなオーナーが「ご縁を足す場所にしたい」との想いからエンタスと名付けました。

そんな人との縁を大切にした素敵な空間です。ここは普段使いとしてのカフェ要素が強いお店ですが、オーナーの繋がりや口コミもあって比較的旅好きの客層が多いそう。このお店もたまにワークショップやライブなんかが開かれているようですので、それをきっかけに出会いがあるかもね。
■詳細情報
・名称:en+(エンタス)
・住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-31−49
・アクセス:阪急神戸線 「三宮駅」徒歩約2分
・営業時間:月:18:00~24:00、火~日:12:00~24:00
・定休日:不定休
・Facebookページ:https://www.facebook.com/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B9-208069319241256/

 

T-TRAVEL/枚方 T-SITE(大阪:枚方)

photo by takuya hanaoka 

最後にちょっと変わった旅カフェをご紹介。大阪・枚方にオープンした「T-SITE」です。ここはスターバックスと本とT-TRAVELが融合した場所があります。旅関係の本がとっても充実していて、スタバコーヒーを飲みながら旅の計画をするのにピッタリです。

気分が盛り上がればT-TRAVELで旅行の相談までできてしまいます。最近はほとんどネットで情報収集する時代ですが、本は情報がまとまってるし行き先を計画するにはあらためて本が良かったです。旅関連の本をどっさり抱えて読んでいると何時間もいられそうな場所です。

周りにもそんな人がいっぱい。思わぬ旅先の発見があるかもね。
■詳細情報
・名称:T-TRAVEL(枚方 T-SITE)
・住所:大阪府枚方市岡東町12-2
・アクセス:京阪電車「枚方市駅」南口より徒歩1分
・営業時間:11:00-19:00
・定休日:無休
・公式サイトURL:http://real.tsite.jp/hirakata/floor/shop/t-travel/

 

旅カフェ&バーで得られるもの、広がる未来

photo by takuya hanaoka 

以上、関西の旅カフェ&バーをご紹介しましたが、最大の魅力は「旅」で繋がる出会いです。店員さんともお客さんとも「旅」というテーマで繋がってるから、最初からなんだか初めて会った気がしないくらいすぐ仲良くなれます。

そこで仲良くなって新たな旅好きの人と繋がっていく。そんな連鎖的な出会いって旅をしている時にもありますよね。旅の写真や世界の料理に囲まれて旅気分を味わうだけじゃなく、旅の醍醐味である出会いが旅カフェ&バーにはあります。

関西の人だけじゃなく、全国の旅好きの人も関西にお越しの際は是非覗いてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

アマゾン川を旅行すると、こんな世界が広がっていた
「地球の歩き方」がレトルト食品になって登場!「読む」んじゃない!「食べる」んだ!
2016年代々木公園で行われる海外フェス&イベントまとめ
レトルト食品になった「地球の歩き方」を実際に食べてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP