ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカの大人気TV番組『BREAKING BAD』の主題歌も担当したTHE BLACK SEEDS!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。
9月だというのにじりじり太陽の毎日です。日本と違って湿気はないけど、乾燥しすぎて目はパサパサ…1日中喉カラッカラです。日本の冬が待ち遠しいです。

そこで今回は今すぐにでも行きたい、現在は冬の南半球ニュージーランドのアイランドレゲエバンド、The Black Seeds(ザブラックシード)のご紹介をします。
https://www.youtube.com/watch?v=xWfO7xENqMM
The Black seedsはニュージーランド・ウィリントン出身。1998年にボンゴやウッドブロック奏者を含む8名で結成されました。ルーツレゲエを主にFunk, Dub, Popを含んだRockステディーなユニークなサウンドで、2001年に1stアルバムをリリースすると、8名のダイナミックでユニークなLiveは急激に人気になり、オーストラリアや東アジアでも大人気に!

2007年リリースのアルバム『Into the DOJO』はあっと言う間に世界的にヒットし、ダブルプラチナをゲットします。2011年には雑誌『Rolling Stone』でベストレゲエバンドとして紹介されるように。見る見るうちに世界的に有名になり、とうとうアルバムの中の「One By One」はアメリカの大人気TV シリーズ『Breaking Bad』の主題歌に大抜擢!

バンドのメンバーのBret McKenzieは何とプロデューサーに見いだされ、『The Lord of the Ring』のFigwit役で演技をし、音楽もスーパーバイザーとして参加しているらしいですよ。のちに、Grammy Awardで優勝し、何とコンコルドで授賞式に出たとか。凄い出世ですね。

『The Lord of the Ring』にも出演している、The Black Seedsのルーツレゲエ&ロックステディなユニークなアイランドレゲエ、是非聴いてみてね。

Mahalo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP