ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性にも人気急上昇中。今「南ジャカルタ」がおもしろい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドネシアの首都で、人口1,017万人を有する(2015年、インドネシア政府統計)大都市・ジャカルタに進出する日系企業の数は、ここ最近、右肩上がり。ニュースなどで耳にする機会も増えています。それだけに、ジャカルタといえば、ビジネスマンが出張や転勤で訪れる、「ビジネスの街」というイメージが強いのではないでしょうか。

「ジャカルタの代官山」ジャカルタ南部がアツい!


インドネシアといえばバリ島のイメージが強く、「ジャカルタに観光に行く!」という話はあまり聞かないかも・・・と思いきや、「ここ最近、ジャカルタがおもしろい」という話をちらほら耳にします。観光客、とくに女性の旅に関する情報が少ないジャカルタを、ちょっぴりのぞいてみることにしましょう。


ジャカルタの駐在妻の知人らにリサーチしたところ、今アツいのは、ジャカルタの南部だとか。ジャカルタにはもともとショッピングセンターが多く、そこでほとんどの買い物がこと足りてしまうのですが、最近、ジャカルタ南部のKemang(クマン)エリアには、1軒家のインテリアショップやアートショップ、レストランが続々、オープン中。「ジャカルタの代官山」「ジャカルタのビバリーヒルズ」なんて呼ぶ人も多いそうです。

20代女性オーナーのアートショップはお土産選びにぴったり


たとえば、「Dia.Lo.Gue Artspace」は、20代の女性オーナーが、「ジャカルタのアートをもっともっと元気にしたい」と立ちあげたカフェ併設のギャラリー。広い裏庭が心地よく、丸1日ここで過ごせてしまいそうな空間です。


ギャラリー展示も興味深く(2015年は岐阜県の伝統工芸とのコラボも)、ハイセンスなインドネシア雑貨が並ぶショップも一見の価値あり、です。

[Dia.Lo.Gue Artspace]

フォトジェニックなインドシア料理に舌鼓


「Soulfood Kemang」は、伝統的なインドネシア料理を現代風にアレンジした、料理が人気のレストラン。内装もインドネシアのモダンと伝統が混在していて、テンションが上がります。


ブリキの食器もキュート。写真を撮って、SNSにあげたくなること必至ですっ! これでいて、味も美味しいのだから人気があるのも納得!

[Soulfood Kemang ]

■あわせて読みたい
【インドネシア】ジャワ島の世界遺産「プランバナン」が神秘的
http://tabizine.jp/2016/06/04/75401/

おしゃれ空間で、南国らしいコーヒードリンクを


最近、ジャカルタには、インドネシア産のコーヒーをおしゃれにいただける店も増えているんです。


少しクマン地区から離れますが、やはりジャカルタ南部に位置する「1/15 Coffee」では、コーヒーの抽出が選べるほか、レモンやソーダと合わせたコーヒードリンクなども提供。白を基調としたシンプルな店内では、軽食やスイーツをいただくこともできます。

[1/15 Coffee]

感度の高いインドネシア女性のお気に入りレストラン


インドネシアの有名シェフが手がける「Letter D」は、感度の高いローカルが女子会やデートでこぞって利用するというインターナショナルレストラン。緑を多く配した店内で、癒しの時間を過ごすことができます。


料理は、インドネシア料理、西洋料理、タイ料理といった多国籍のメニューを、シェフの感覚でアレンジし、提供。インドネシア風ローストサーモン「SALMON LODEH」やインドネシアの定番料理「ナシチャンプル」をおしゃれにアレンジしたメニューが同店の真骨頂です。

[Letter D]

観光にもビジネスにもおすすめ! 「シェラトン・グランド・ジャカルタ・ガンダリアシティホテル」


(C)Sheraton Grand Jakarta Gandaria City Hotel

2015年10月には、ジャカルタ南部に「シェラトン・グランド・ジャカルタ・ガンダリアシティホテル」がオープン。日本企業が多く進出しているガンダリアシティという、ビジネスでの滞在に至便な場所にありながら、広い窓やリゾートムード漂う屋外プール、質の高いレストランや生演奏が楽しめるバーなどがあり、観光での滞在にもおすすめ。


(C)Sheraton Grand Jakarta Gandaria City Hotel

早くも駐在の日本人の奥様方の、格好の朝食&ランチ会のスポットにもなっているとか。大きなショッピングセンター(地下には大きなスーパーも!)が隣接しているのも大きなメリットです!

[Sheraton Grand Jakarta Gandaria City Hotel]

街歩きに関する情報が少ないジャカルタですが、じつは女性の旅心を刺激する、魅力的なスポットが急増中! バリ島のトランジットの際に、1、2日、滞在してみるのも悪くないかも!? きっとジャカルタのイメージががらりと変わること間違いなしですよ。

[Photos by kelly]

■あわせて読みたい
【インドネシア】ジャワ島の世界遺産「プランバナン」が神秘的
http://tabizine.jp/2016/06/04/75401/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP