ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【もっとチョコが好きになる】明治の新作!味が変わるチョコレートを食べてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月27日より明治から魅力的なチョコレートが発売されました!

というのも、なんとこのチョコレート、カタチによって味が変わるそうなんです!

一体、どのような変化があるのでしょうか?

 

計4種類のパッケージが発売されているのですが、今回は2商品をピックアップ。

早速、試してみました!

味わいの違う2種のピース

まずは青のパッケージ特徴の「明治 ザ・チョコレート 力強い深み コンフォートビター」から。

 

裏を見てみるとレーダーチャートがあり、こちらの商品はナッツ香、ビター感が強いということがわかります。

 

箱を開けると板チョコが丸ごと1枚どどーん!

というわけではなく、小さめのチョコレートが3枚入っていました。

これなら手軽で、持ち歩きにも便利そうですね。

それでは、食べていきたいと思います!

力強く、深みのある味わい

ミニブロック型、ギザギザ型、ドーム型、スティック型の4つのカタチから成り立っています。

ここで明治の公式HPに載っている食べ方をご紹介します。

まず、舌の上でチョコレートを溶かします。

このとき、噛んではいけませんよ〜!口の中の温度でゆっくりと溶かしていきましょう。

そして鼻から息を吸い込みます。

味わうことを意識しながら、そ〜っと。

すると……!?

「あっ!」と思わず声が。

力強いビターの苦みと酸味が感じられます。

ミニブロック型はサイズが小さいので口当たりがよく、食べやすいです。

 

ドーム型は表面がなめらかで、口どけも同じくなめらか。

まったりと濃厚な味わいが楽しめます。

 

ギザギザ型は他と比べると香りが強く感じられます。

また、表面のギザギザが口によく馴染みます。

 

スティック型は割る際にカリッと音が響きます。

カカオの苦みがガツンときました。

フワッと広がる華やかな香り

続いて、オレンジのパッケージが印象的な「明治ザ・チョコレート 華やかな果実味 エレガントビター」を食べてみます。

コンフォートビターと比べるとナッツ香が弱めですが、酸味、花香、果実香が強いようです。

 

先ほどと同じように舌の上で溶かして、鼻から息を吸い込んで……、

わあ!こちらはすごくフルーティで爽やか!

チョコレートなのにサッパリとしています。

息を吸い込んだ瞬間にフワッと果実のような上品な香りが口いっぱいに広がります。

エレガントビターはドーム型、ギザギザ型のカタチが特に香りとフルーツのような味わいを強く感じられました。

カタチによって味が変わるということでしたが、個人的にはドーム型がお気に入りです。

このカタチが最も口どけがなめらかでまろやかな味わいでした。

あなたのお気に入りは?

ちなみに、明治ザ・チョコレートはこの2種のピースの他に、「明治 ザ・チョコレート 濃密な深みと旨味 ヴェルヴェットミルク」と「明治 ザ・チョコレート 優しく香る サニーミルク」があります。

ご自身のお気に入りのピースやカタチを見つけて、新たなチョコレートの楽しみ方を発見してみましょう!

明治 ザ・チョコレート 力強い深み コンフォートビター 箱50g

明治 ザ・チョコレート 華やかな果実味 エレガントビター 箱50g

明治 ザ・チョコレート 濃密な深みと旨味 ベルベットミルク 箱50g

明治 ザ・チョコレート 優しく香る サニーミルク 箱50g

関連記事リンク(外部サイト)

ローソン・セブンそろってお芋スイーツだらけ!:今週のコンビニスイーツランキング
【kiriアイス】半年で1,100万本売れた『クリームチーズアイス』が販売再開! さっそく食べてみた♪
【秋のキャラメル味♪】コク深い味わいのお菓子やドリンク4選

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP