ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べなくちゃ損!ネバネバ食品で疲れ知らずに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネバネバしたもの、といって思い浮かぶのは納豆、長芋などでしょうか。糸を引くほど粘り気のある食品は身近にたくさんありますよね。独特な食感なので外国人など、食べ慣れていないと苦手な場合も多いようですが、みなさんはネバネバ系食品は好きですか。実はこのネバネバには食べなきゃもったいない!というほど、体に良い栄養素が詰まっているのです。

ネバネバがいい理由とは

一部の食材はなぜネバネバしているのか。その秘密はムチンにあります。ムチンは水溶性食物繊維とタンパク質が結合したもので、ネバネバ感を与えているのはムチンなのです。実はムチンは私たちの身体にも存在し、粘膜などに含まれています。胃の粘膜に含まれるムチンは胃酸から胃を守り、鼻や口の粘膜に含まれるムチンは、ウイルスや細菌が侵入するのを防ぎます。ムチンを食品から摂ることで、これらの働きが強化されます。
目の涙にもムチンは含まれ、目の表面が乾くのを防ぎ、涙によって常に目の表面が潤うように作用します。だからムチンを摂ると、目の疲労やドライアイの改善効果を期待できます。さらにムチンは肝臓や腎臓の機能を高める効果、また摂取したタンパク質を分解し吸収しやすくする働きもあるので、疲労回復には抜群の効力を示します。

ムチンを含む食品とは

粘り気のある食品にはムチンが含まれていると考えて良いでしょう。食品別に効果を挙げてみましょう。

○納豆

ネバネバの代表といえば納豆でしょう。含まれるムチンの量は他の食品よりも圧倒的に多く、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。大豆からできているので高タンパクでありながらカロリーが少ない、毎日食べたいおすすめの食品です。

○山芋

昔から滋養強壮に良いとされる山芋には、ムチンがたっぷり含まれています。カリウムを多く含んでいるので、むくみ予防・改善効果があります。

○モロヘイヤ

モロヘイヤは他の野菜と比べて群を抜いて栄養価が高く、ビタミンやカルシウム、ベーターカロチン、ビタミンCなどが豊富です。もちろんあのネバネバはムチンです。免疫力を高め、老化を防ぎ、紫外線から肌を守りシミソバカスを防ぐなど、あらゆる恩恵を受けることのできる野菜です。

長生きの秘密はムチンにあり?

日本人が長生きである理由のひとつに、ネバネバ食品をたくさん食べていること、つまりムチンを多く摂取していることがあるそうです。ムチンを多く含む食品は上に挙げた食品の他にも、オクラやメカブ、もずく、なめこ、レンコン、里芋などがあります。これらを使って料理のバリエーションを楽しみながら、天然成分ムチンを摂取して健康で疲労知らずな身体を作っていきましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP