体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界で絶賛されるペルー料理15選

世界で絶賛されるペルー料理15選

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。

皆さんは「ペルー料理」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?あまり印象がないかもしれません。中には「南米の料理って美味しくないんでしょ?」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

いえいえ!ペルー料理はなんとワールドトラベルアワードの「世界で最も美食を楽しめる国」部門4年連続で最優秀賞をとるほどすごい料理があるんですよ。

そこで今回は世界を旅する栄養士の僕がペルーの定番料理から珍グルメ、有名なジュースやお酒を紹介していきます。

*編集部追記
2016年4月の記事に新たに3選追記しました。

 

ロモ・サルタード

ロモ・サルタード

photo by pixta

ペルーの代表的な料理でレストランや定食屋などどこでも食べることができる国民食。牛肉の細切りに玉ネギやピーマン、フライドポテトを一緒に炒めたものです。

味付けに醤油が使われているため、日本人の口にとても合います。これはペルーで絶対に外せない一品です。

 

セビーチェ

peru_0034

photo by TAKEHIRO

こちらも絶対に外せない一品の1つ。ペルー料理でいちばん有名な料理なのではないでしょうか。白身魚やタコ、エビなどの魚介類と紫玉ねぎをレモン汁と香辛料を使って和えたマリネ料理。

新鮮な魚介の旨味とクセになる酸味がたまりません。お酒のアテにも最適です。リマなどの海沿いの街で新鮮なセビーチェを食べてみましょう。

 

アンティクーチョ

8096996242_ef349e8c43_z

photo by Kevin Tao

牛の心臓を串焼きにした料理。日本の焼鳥のハツの牛番ですね。しかし、味は日本の焼き鳥屋さんも顔負けするほどのおいしさです。

 

peru_0453

photo by TAKEHIRO

レストランなどでも食べられますが、アンティクーチョは路上で焼いているものを食べ歩くのが醍醐味でしょう。先っちょにじゃがいもがついていることも多いです。このじゃがいもがまた絶品です。

 

ロコト・レジェーノ

4332907666_778c68198a_z

photo by franzconde

アレキパという街の郷土料理でロコトという大きな唐辛子に牛ひき肉などを詰めた料理。物によってはとても辛いものもあるそう。個人的にはかなりお気に入りの料理です。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。