ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で絶賛されるペルー料理12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは「ペルー料理」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?あまり印象がないかもしれません。中には「南米の料理って美味しくないんでしょ?」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

いえいえ!ペルー料理はなんとワールドトラベルアワードの「世界で最も美食を楽しめる国」部門4年連続で最優秀賞をとるほどすごい料理があるんですよ。

そこで今回は世界を旅する栄養士の僕がペルーの定番料理のから珍グルメ、有名なジュースやお酒を紹介していきます。

 

ロモ・サルタード

photo by pixta

ペルーの代表的な料理でレストランや定食屋などどこでも食べることができる国民食。牛肉の細切りに玉ネギやピーマン、フライドポテトを一緒に炒めたものです。

味付けに醤油が使われているため、日本人の口にとても合います。これはペルーで絶対に外せない一品です。

 

セビーチェ

photo by TAKEHIRO

こちらも絶対に外せない一品の1つ。ペルー料理でいちばん有名な料理なのではないでしょうか。白身魚やタコ、エビなどの魚介類と紫玉ねぎをレモン汁と香辛料を使って和えたマリネ料理。

新鮮な魚介の旨味とクセになる酸味がたまりません。お酒のアテにも最適です。リマなどの海沿いの街で新鮮なセビーチェを食べてみましょう。

 

アンティクーチョ

photo by Kevin Tao

牛の心臓を串焼きにした料理。日本の焼鳥のハツの牛番ですね。しかし、味は日本の焼き鳥屋さんも顔負けするほどのおいしさです。

 

photo by TAKEHIRO

レストランなどでも食べられますが、アンティクーチョは路上で焼いているものを食べ歩くのが醍醐味でしょう。先っちょにじゃがいもがついていることも多いです。このじゃがいもがまた絶品です。

 

ロコト・レジェーノ

photo by franzconde

アレキパという街の郷土料理でロコトという大きな唐辛子に牛ひき肉などを詰めた料理。物によってはとても辛いものもあるそう。個人的にはかなりお気に入りの料理です。

ちなみにアレキパという街は味覚の街としても有名でバラエティ豊富な料理が楽しめる街ですよ。

 

チュペ・デ・カマローネス

photo by _e.t

カマロンという川エビをチュペ(煮込んだ)料理。トマトベースのさっぱりした味わいと川エビの出汁が効いて最高です。

具材はエビ以外に、ムール貝やじゃがいも、ニンジン、キャベツ、輪切りのトウモロコシ、ごはんなんかも入っています。これだけで炭水化物もしっかり取れて満足感もたっぷりです。

 

パパ・ア・ラ・ワンカイーナ

photo by TAKEHIRO

ゆでたじゃがいもにチーズを使った濃厚なソースをかけた一品。ソースにはペルーでよく使われる黄色い唐辛子ソースのアヒ・アマリージョを少し加えられているため味わいが奥深いです。

シンプルなじゃがいもとクリーミーなソースが絡み合って非常においしい!これはハマりますよ。

 

クイ・チャクタード

photo by Jorge Gobbi

少し衝撃的かもしれませんが、クイとはアンデスの人々が古来より家畜としている食用のモルモットのこと。このクイをまるごと開き、フライにしたのがクイ・チャクタード。

少しクセがありますが、ジューシーでなかなかいけます。

 

photo by TAKEHIRO

クイをまるごとは食べるのはちょっと視覚的に食べづらいという場合は1/2のものも場所によってはあるのでそちらをトライしてみると良いかもしれません。

僕は一人で一匹食べきれる自信がなかったので1/2を食べました。

 

カウサ・レジェーナ

 

photo by Patrick Aljord

茹でた芋を潰してマッシュにし味をつけ、それをツナやアボカドなどの具材を挟んだり包んだりした料理。一見ケーキのような見た目ですが、ペルーの家庭料理です。

見た目の美しさ、味のおいしさからも世界で注目されている料理なんだとか。

 

photo by TAKEHIRO

しかし、僕が屋台で食べたカウサは全く別物でした。これもれっきとしたカウサ。家庭料理とレストランの料理とではこんなにギャップが生まれるんですね。しかし、屋台のカウサもとてもおいしかったです。

 

アルパカ・ア・ラ・ブランチャ

photo by pixta

ペルーといえばアルパカというイメージを持たれている方も多いかと思います。アンデスの人々はこの可愛らしいアルパカを家畜として育ててきました。

この料理はアルパカのグリル焼き。クセの少ないアルパカ肉は意外と食べやすくて美味しいです。

 

チチャ・モラーダ

photo by TAKEHIRO

ペルーの国民的ジュース、チチャ・モラーダ。

 

photo by TAKEHIRO

これは紫色のトウモロコシとシナモン、グローブなどを一緒に煮出して作ります。最後に砂糖を加えて甘いジュースのできあがりです。

お店によって手作りのチチャ・モラーダを出してくれるところもあるのでぜひペルーに行ったら飲んでみてください。

 

インカコーラ

photo by LWYang

こちらもペルーの国民的ジュース。黄色いコーラです。ペルーではコカ・コーラを抑えて国内シェアNo1なんだとか。ペルーの国内であればどこでも売られています。

 

ピスコサワー

photo by Cathrine Lindblom Gunasekara

続いてお酒編です。ペルーは国内で生産されているお酒も美味しいです。中でも有名なのがピスコ。これはぶどうから作られた蒸留酒で42度もアルコールがあります。

これを、卵と砂糖、レモンやライムをシェイカーに入れて作られるカクテルがピスコサワーです。ふわふわの泡と甘酸っぱさでついつい飲みすぎてしまいますが、度数が高いので注意してくださいね。

 

クスケーニャ

photo by TAKEHIRO

ペルービールはあまり聞き慣れないかもしれませんが、美味しいビールがあります。

そのなかでオススメなのが「クスケーニャ」。クスコ発祥のビールで味わいがよく、ゴールデンラガー、レッドラガー、ダークラガー、ホワイトビールと種類も豊富です。

 

photo by TAKEHIRO

またアレキパには限定商品でアレキペーニャというビールも売られているのでアレキパに行く際にはこちらもチェックしましょう。

 

まとめ

ここで紹介した料理はペルー料理のほんの一部でしかありません。ペルーは国内でも海、山、川と多様な自然、多様な気候を持つ国であるため食材が豊富にあります。

また3,500種類以上もの芋がペルーにあるというのだから驚きです。まだまだ知られていない料理がたくさんあるペルー。マチュピチュに行くついでにまだ見ぬ美味しいものを探す旅にでかけてみてはいかがですか。

関連記事リンク(外部サイト)

【飯テロ注意】カリフォルニア観光で食べるべきグルメとかっこいい注文テク
あなたならどこの国で何を食べる?1000円で食べられる海外グルメ5選
美食国家ベトナム、ホーチミンで女性にオススメのグルメ4選
2016年代々木公園で行われる海外フェス&イベントまとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP