ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016秋はくすみ赤シャドウがカギ!ひと塗りで即効色っぽおしゃれ顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラシカルなファッションに合う、赤色アイシャドウが秋のトレンド

この秋は、ビジューやファーやチェック柄など、レトロなファッションがトレンドです。
それに合わせて、メイクはカジュアルだけれどクラシカルな雰囲気もある、「くすんだ赤色のアイシャドウ」が大流行の予感!
赤色は日本人の肌をきれいに見せてくれるカラーなので、ぜひ挑戦してみましょう!

 

クリームタイプとパウダータイプのくすみ赤シャドウがオススメ!

【濡れ感のあるクリームシャドウをチェック】

クリームタイプの、くすみ赤アイシャドウが断然今っぽいですよ!
まぶたにのせるとサラサラなのに、見た目は濡れたような質感のものがトレンド!
「難しい」と思う方が多いクリームアイシャドウですが、指で少しずつ塗ると失敗がありませんよ。
使うときは、二重幅少しオーバーくらいの幅に、くすみ赤シャドウを少しずつ指で塗り広げます。
上瞼目頭側に少し重ねると目が丸く見えますよ。また、下まぶた目尻4分の1の幅にも塗ると可愛いです!
【使いやすいパウダーアイシャドウもチェック】
パウダーアイシャドウも粉っぽくなく、透けるような質感のものを選んでください。
パレットタイプなら、簡単にグラデーションを作れて便利です。
アイホールに薄いベージュ系のアイシャドウを塗ったら、二重幅にくすみ赤シャドウをオン。目のキワはブラウンで引き締めて!
下まぶた目尻3分の1にも、ライン状にくすみ赤シャドウを入れると、潤んだような目に。

 

くすみ赤シャドウを塗るときはアイラインはどうすればいい?

くすみ赤シャドウを塗ったときには、抜け感のある仕上がりにした方が、目元がおしゃれに引き立ちます。
赤シャドウにマスカラを塗るだけでも今っぽくて可愛いですが、やっぱり目ヂカラが欲しい!という方は、ブラウンのアイライナーで目のキワにアイラインを引きましょう。
目尻は少しだけ下げ気味にして、極細に引くのがポイントです。

 

くすみ赤シャドウを塗るときはチークはどうすればいい?

目元とリップにポイントを置き、チークはごくごく薄く、というのが今年の鉄板バランス。去年のトレンドように、目の下に濃くピンクのチークを入れるのは、古臭く見えてしまうのでNG!
ベージュ系のチークを骨格を際立たせるように、うすーく頬骨あたりに楕円形にふわっと塗りましょう。
おしゃれ顔になれるくすみ赤シャドウを使えば、今年の秋のトレンドはバッチリ。
秋のメイクを取り入れて、2016年の秋をもっと楽しんでみてください!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP