体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憧れの北欧デンマークの公用語と英語教育について

憧れの北欧デンマークの公用語と英語教育について
Photo credit: Roman Boed via flickr cc

Photo credit: Roman Boed via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineライターのさとりんです。
高級食器のコペンハーゲンで知られるデンマークは、作家アンデルセンの出生地で、童話の国としても有名です。そんなデンマークの公用語を聞いたことはありますか? デンマーク語はその地理関係から英語とは離れて進化してきました。そのため英語に似ているようで似ていない言語です。日本人には発音が難しいですが、学んでみると面白い言語ですよ。

デンマークとは

デンマークは総面積が4万3,098平方km2あり、スカンジナビアと呼ばれる北ヨーロッパに位置しています。バルト海と北海に囲まれたユトランド半島とその周辺にある407の島々からなる立憲君主制国家です。デンマーク王室は日本の天皇家とも親交があり、皇太子同士の交流が盛んです。
デンマークの人口は570万人で世界で最も小さな国の1つで、その人口のうち1/4の人々が首都であるコペンハーゲンに住んでいます。
また、デンマークはデンマーク人による単一民族国家で、移民増加を受けて現在は移民の受け入れを規制しています。公用語のデンマーク語は、ノルウェーやスウェーデンといった北欧諸国の言葉とよく似ているのが特徴です。

デンマークの歴史

デンマークの歴史は有史以前から人が住んでいたとされています。その後の氷河期を経て起源前1200年頃から人が住み続けている歴史のある国です。
8世紀から11世紀にはヴァイキングとして知られるノルマン人がこの地を支配しており、ヨーロッパへの侵略や貿易を行っていました。11世紀初頭にはカヌート大王が、14世紀にはマルグレーテ1世が周辺国を支配下に置き大国を築き上げました。
しかし、1500年代には長年の戦争時代に突入しました。ここでクリスチャン3世が勝利したことでデンマークはルーテル派へと宗教改革が行われました。その後も第二次世界大戦まで他国の支配を受けるなど苦難の道を歩んできました。

デンマークの経済

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会