体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】南房総エリアのグルメキーワードは「港の女とこだわり亭主」 ~名店巡礼 南房総エリア編~ 

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 南房総エリア編~

今回の巡礼先は千葉県の「南房総エリア」を選びました。

千葉県の巡礼は、内房、外房に続いて3回目。海ほたるを使えば川崎から約100km。

都心からも意外と行きやすい房総半島。

今回は夏の暑さで疲れの溜まった体にうれしい、スタミナグルメをテーマに、こだわりの5軒をセレクト。南房総の美食を巡ります。

f:id:tabearukist:20160914165311j:plain

豪雨の海ほたるを抜けた先は、スカッと晴れ渡る南房総の海!

房総三部作完結編スタートです!

1軒目:小春 逸品:房州アワビの刺身

南房総巡礼のスタートは、最南端の居酒屋「小春」から。

f:id:tabearukist:20160909004451j:plain

窓に書かれたカラオケの文字。

名店巡礼でスナック系のお店をチョイスすることは通常ないのですが、今回は特別。

なんたって、海士でもあるご主人の捕ってきた魚介が泳ぐ、生簀のあるスナックなのですから!

なお、普段は夜のみの営業で、ランチは予約対応のみです。

f:id:tabearukist:20160909004944j:plain

▲アワビ一皿(1,000円~)※ 写真は2,000円分ほど

この時期の一押しは房州アワビ。

真っ白で美しい肉質と、コリッコリの歯ごたえがたまりません。

海の塩味が程よく行きわたっており、お醤油いらず。

一緒に盛られた地ダコやマグロのお刺身も実にハイクオリティ。

f:id:tabearukist:20160909005354j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。